おひとりさまのゲームの規則

隣の芝生はいつだって青いけど、都合よく羨ましがるだけの人はずるい

私たちは、他人の見えない部分を勝手に想像して、羨んだり嫉妬したりしていないでしょうか。

インターネットの住人に言われてしまったこと

緑の中満ち足りている女性の写真by josealbafotos

 もう数年前のことなので言いますが、私がまだ芸術や文学などの硬めの話題以外には、あまりインターネット上で触れないようにしていた頃。たまにはいいかと思い、珍しく大々的に、自分の恋愛観をブログに書いてみたことがありました。

 突っ込みどころが多い内容ではあったので、方々からいろいろなご意見をいただいてしまったところまでは良かったのですが、その中に少々、気になるコメントが混ざっていまして。私が普段は言及しない恋愛の話に手を出した理由をその人なりに解釈したのか、「こいつは人生で初めて彼氏ができたもんだから浮かれてるんだ」と、見ず知らずのインターネットの住人に言われてしまったのです。

 当時も今も、私の恋愛に対する考え方には未熟な面があるとは思います。が、少なくともその数年前の時点では、私にはお付き合いして5年以上経つパートナーがいたので、決して「人生で初めて彼氏ができた」わけではありませんでした。なのでそのときは、「人は見えていない部分を自分が嚙み砕きやすいように補って解釈するんだなあ」と、妙な感慨にふけってしまいました。

 私自身も、ずっと男性だと思い込んでいたTwitterアカウントが実は女性だった……なんてことはザラにあります。「こういう発言をする人は、こういうタイプにちがいない」という早合点は多かれ少なかれ誰でもやってしまうことですが、それがどんな対象であれ、24時間365日付き添っているわけではないのだから、見えていない部分があるのは当たり前。「自分には見えていない部分がある」ということに、常に自覚的でありたいなあとそのとき思いました(なかなか難しいけれど)。