OLIVIA OFFICIAL BLOG

オンナの踏み絵「ヘルタースケルター」

7月14日の公開初日のレイトショーで「ヘルタースケルター」を観てきました。

発売当初に読んだ岡崎京子の原作もかなりのインパクトだったし、
この映画をめぐる様々な情報や試写の前評判など読み漁りすぎ、
そして、鑑賞後も、軽々しく感想を書けない、、位、この映画に乗っ取られていて、
なかなかブログに感想を書くに至りませんでした。

鑑賞後は、瞑想してても、ヘルタースケルターの映像がフラッシュバックして、
なんだか、クスリが抜けない感じ。
この映画自体が、ドラッグであり、骨の髄まで夢中にさせる中毒性があります。

もちろん、映像も、配役も、沢尻エリカのハマりっぷりも、
監督の魂の込め具合も、水原希子の猫顔っぷりも、
窪塚洋介の片手の乳房もみの妙なリアリティーも、
とっても面白かったし、とっても素晴らしかったです。好き!

マイケルジャクソンが亡くなった時に、
「ポップカルチャーの終焉」と言われましたが、
この作品が2012年というこのタイミングでカタチになり、
注目され、「事件」と賞賛されていることは、
時代の流れの中での重要な意味を持つ気がしてなりません。
世の中で話題になるものには、隠されたメッセージがあると思います。

私が映画を観終わった直後の感想は、
「神様、私にりりこみたいな美しさを与えてくれなくて、本当にありがとう!」でした。

エンドロールを眺めながら、ひっそりと安堵の気持ちで満たされていました。

私は「消費される女性性の終焉」を感じたのです。
これからは、エロス・オーガニックの時代が来る、と。

若さも美しさも使い捨てで、消費されちゃうんだよね。。。
若さが無くなった大人女子は、外側じゃなくて、内面勝負でいかないとね。。。
これからはハートチャクラの時代だから、今まで通りにはいかないよね。。。
みんな、気づくよね、この映画を反面教師にするよね。。。

そんな、新しい時代の到来を感じていたのですが、インターネット上での感想は、
「りりこみたいに美しくなりたい!」「オンナを楽しみたい!」
「メイクもファッションも、もっと楽しみたい!」
と、オンナたちが、逆に消費活動に駆り立てられていたので、正直、ビックリしました。

漫画だったら、手をくわえて、「あわわ…」と吹き出しがつけられていたと思います。
顔文字だったら、(((((((( ;゜Д゜)))))))アワワワワワワワワワワワ

「時代は変わらない。。。原発はなくならない。。。。」
そんな落胆に似た気分になりました。

「女の美しさって…」「女の若さって…」と、
映画を観た翌日、頭がぼんやりしたまま、向かった先は、「まつ毛エクステサロン」
上下バッチリ130本つけてもらいました。

$LOVE&COMMUNICATION!-ipodfile.jpg

赤いドレスも思わず買っちゃったよ。。。

$LOVE&COMMUNICATION!-ipodfile.jpg

そう、私の中のタイガー・リリィがうずき出すのです。

オンナは、タイガー・リリィを飼いならしながら、生きていく。
愛でたり、突き放したり、見て見ぬふりをしたり…

どういう風に飼うかは、自分次第。
それが、オンナである宿命なのかもしれません。

最後に…

劇中、一番衝撃的だったシーンは、
鈴木杏ちゃん演じる女検事が
「どうして神様はまず私達に若さと美しさを最初に与え、そして奪うのでしょう」
というセリフを口にしたこと。

あのセリフを…
杏ちゃんに…

「青い鳥」時代の杏ちゃんを知っているだけに、魂をわしづかみにされました。

「青い鳥」時代の鈴木杏ちゃん
$LOVE&COMMUNICATION!

魂を揺さぶられる度250%
副作用に気をつけつつ、映画の世界観に溺れてみるのもいいと思います。
これは、「オンナの踏み絵」だと思います。



『へルタースケルター』予告編