ニッポンの婚活ビジネス(元)最前線

「今は不自由ないけど・・」。未来の自分に問いかけさせるテスト。

今日ご一緒した、日本を代表するグローバル製造業勤務の30代女性。
海外経験があり、英語が堪能。

ある質問を受けた。

「私は、いま特に結婚しなくても不便はない。でも、別に結婚したくないわけでもない。どうすればいいんでしょう?」

よくある疑問ですよね。気持ちもわかる。
別に食うのには困らないし、仕事も楽しく充実していることでしょう。

ちょっと考えて、どうお答えしたか。

「今の貴女として、自分で出す答えは、『別に急がなくていい』だと思う」

「これを、10年後、さらには20年後の貴女に問いかけられたらどうするか。10年後のあなたは、『お願いだから、今のうちに、早く行動してほしい』と頼まないだろうか、どうだろうか」

「そこまで考えたうえで、『別に急がなくていい』と思うのなら、その判断には私はいっさい何も言わない。ただし、もし迷うんだったら、『まあ、どうにかなる』と思っているだけでは、どうにもならない」

「でも、『どうにかしよう』とさえ思えば、どうにでもなります。なんたって、たった一人見つければいいんだから」

・・・てなことをお伝えしました。

このイシューは、想像力をちょっとばかし膨らませないといけない。
今の自分に問いかけるだけでは不足で、未来の自分に問わせないといけない。あるいは、20年後に親御さんの最期の日に、何と言われるだろうか、何を後悔するだろうか、とかね。

考えたくないでしょ。でも、考えましょう。

ではまた。



Last updated  2012年03月24日 23時42分21秒