• special
  • 2013.07.24

『金融日記』著者・藤沢数希さん/自慢する金持ち男より年収300万円のナンパ野郎がモテる(1)

『ぼくは愛を証明しようと思う。』著者で恋愛工学の第一人者として名高い藤沢数希さんへのインタビューです。年収1000万円の男性を射止めたい女性は多いものの、実は彼ら高収入男子はモテない!?という驚きの現実のメカニズムとは?

 月間100万PVを誇る人気ブログ・『金融日記』の運営者・藤沢数希さんに、今月の特集「愛とお金」に合わせて、男女とお金の関係についてうかがいました!

女性は本当にお金持ちが好きですか!?
年収が高くても実際にはモテないですよ

藤沢数希 インタビュー AM編集部
Dan Queiroz


――読者の女性と結婚について話していると、「お金持ちと結婚したい」とか、もっと具体的に「年収1000万円以上の人と結婚したい」という人がすごく多いんです。
今日は、女性がどうしたらお金持ちと結婚できるのか色々意見を聞かせてもらえれば、と思います。

藤沢数希さん(以下、藤沢):僕は女性が「お金持ちが好き」「お金持ちと結婚したい」、と思っているのは紛れもない事実だと思います。

 しかし、僕の経験や、僕の周りの男性の経験から言っても、実際に、年収が高くなって、それでモテるようになった人って意外と少ないんです。具体的には、年収が高くなったからって、別に男は女と簡単に寝られるようにはならない、というのが男サイドから見た率直な感想です。

 僕は個人的に、人生で非常にモテなくなった時期、いわゆるモテキの反対の、非モテキというのが人生で3回ぐらいあるんですけど、1回目が大学院で留学したときで、2回目がじつは、外資系投資銀行に就職してしばらくしたときなんです。

 1回目の非モテキは、まあ、それまで培ってきた日本というローカル市場でのちょっとイケてる大学生というブランディングが剥奪され、言葉もままならず、文化もよくわからない土地にひとりで放り出されたので、その理由は割りとはっきりしています。 そして、そういった困難な状況で、恋愛工学が発展したのは、以前に御社のブロゴスのインタビューで答えた通りです。

自慢する金持ち男より
年収300万円のナンパ野郎がモテる


藤沢:しかし、不可思議なのは、2回目の非モテキのほうです。
これは『外資系金融の終わり』という僕の本にも書いたので、別に隠すことでもないんですけど、僕は初任給ですでに年収1000万円あったのに、最初はなぜか全然モテなくなりました。
もともと貧乏なりにモテるよう色々がんばっていたので、これぐらいの年収になったら、もうめっちゃモテるんじゃないか、と期待していたのですが、むしろ全然モテなくなりました。

 六本木のクラブ(踊るほう)なんかに会社の名刺を持っていって、女の子に、自分がいかにエリートで将来有望なのか、ということを自慢気にアピールしたんですが、全然ダメなんですよ。
それで、会社の名刺を忘れたときに、ちょっと昔の(貧乏だった頃の)やり方を試してみたら調子を取り戻してきたんです。

「仕事何してんの?」
「じつは失業しててホームレスなんだ。だから今日泊めて、お願い!」
「キャハハハ」

 みたいな感じで、逆にモテたんですよ。それで、次の日に朝起きて、その女子は言ったんですよ。

「ところで、かず君って仕事何やってるんだっけ?」

 その時、大切なことが何か、わかった気がしました。

 それで、僕の周りは、年収1000万円以上の人が多いですが、彼らを見ていても、オタクな人が多いし、忙しくて出会いの機会があまりないので、女の人にモテている、という感じは全然しませんよ。
年収が上がると、女の人と簡単に寝られるようになるかといったら、多分、そんなことは全然ないんですよ。
はっきり言って、年収300万円ぐらいでナンパばっかりしてる、ろくでもない男のほうがはるかに女にモテてますよ。実際の恋愛市場では。

 だから、本当に女の人は、年収1000万円以上の男が好きなのか、と僕が聞きたいぐらいです。

金持ち好きな女性は言うだけで
実際は受身なところが甘すぎる


――そんなことないですよ。だって、私たちの周りも女子会なんかで聞くとみんな金持ちが好きって言ってますよ。

藤沢:そう。そこがポイントなんです。つまり「言う」だけなんです。

「年収が高くて誠実で浮気をしない男」というのが理想の男だと、女子たちはみんな口々に言うんですけど、実際には、ぜんぜん相手にしないんですよ。そういう男を。
僕の知り合いにはそういう男がたくさんいますが、彼らは残念ながらモテてないです。

 むしろ、僕の知っている範囲でモテている男は、世間一般の杓子定規からいえば、ろくでもないやつが多いですよ。つまり、女の人って、言うことと、やることが、ぜんぜん違うんですね。

――そうなんですか?

藤沢:そうですよ。 だって、女の人が思ってることって、つまり、こういうことでしょ。

 なんか、合コンに行ったら、お金持ちの男がいて、連絡先聞かれて、何度もデートに誘われて、告白されて、付き合って、その後にセックスして、気がついたらプロポーズされて結婚してるみたいな。
それでつらい仕事も辞められて、自分もお金持ちの仲間入りだ!みたいな。

 たまたま雰囲気でその場のノリで寝たろくでもない男とズルズルと付き合いながらも、そうやってお金持ちの男が天から降ってくるのを待ってるんですよね。女子は。

 それって、めっちゃ甘いと思うんですよ。 そんな受け身で、漠然と思っているだけではダメでしょ。

【続く】
次回は、年収1000万円以上の男性と付き合う方法についてお届けします。

Text/AM編集部



Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

あわせて読みたい

7月特集
SEX新連載

ライタープロフィール

藤沢数希
人気ブログ『金融日記』を運営。恋愛工学が主題のメルマガ『週刊金融日記』は日本有数の購読者数を誇る。

今月の特集

AMのこぼれ話