• sex
  • 2016.02.29

狙いは自分の女友達!?「本命の代わり」扱いする男に喝!

合コンで一番人気の女子とは付き合えそうにもないから、「ま、しょうがないか」と二番手、三番手の女子に手を出す男、いますよね。こんな男とのセックスには要注意です!

男版キャサリン!?(バロンの末裔)

菊池美佳子 セックス ヤリチン セフレ
©Andrés Carreño

「あるある」ってほどよくある話ではないのですが、「たまーにある」程度の話です。20年ほど前に観た宝塚歌劇団の『バロンの末裔』という作品に登場する、キャサリンというヒロインなんですけどね。おっと、その前に。

 これを人に話すと、「超・意外!」とビックリされるのですが、短大時代の筆者ったら、ファンクラブに入っちゃうほど熱狂的な、宝塚の追っかけをしておりまして。当時の筆者は、神戸の短大生という、遊ぶにはサイコーの肩書きだったにも関わらず、生身の男には目もくれず、宝塚の男役を追いかけ回す日々でした。性スペックは、言うまでもなく処女!
それが短大を卒業し、東京に出てきて(正式には埼玉)処女喪失した途端、ヤリマンと呼ばれる生物に変貌を遂げ、あれだけ追いかけ回していた宝塚への興味も失せてしまったのですから、人間って変わるものだなぁと。

 話を戻しましょう。『バロンの末裔』のヒロイン・キャサリンは、エドワードという男爵家の次男坊を愛しています。でも実際は、エドワードの双子の兄・ローレンスと婚約しているのですよ。キャサリンが、好きでもないローレンスと婚約したのは、彼と結婚することで、一生エドワードの近くにいられるっていう、なんとも複雑な乙女心によるものだった……って話なんですけどね。

 この部分だけ切り取って聞くと、「それってどうなのよ?」と、キャサリンにツッコミを入れたくなりますが、キャサリンみたいな人って、意外と多い気がします。筆者が思うに、女性よりも男性に多い! 要するに、キャサリンを男にしたようなイメージですよ。もちろん、時代は平成ですから、男爵家だとか婚約だとか、そういったスケールの大きい話ではないですけどね。

現代でも同じパターンが…

 とある合コンにて、「あたしゃローレンスかっ!」と思わされるような出来事がありました。幹事女性いわく、男性側幹事が、合コン開催を強く・激しく熱望しており、収集に至ったとのこと。恋愛目的なのかセックス目的なのか、この時点ではわかりませんでしたが、いずれにせよ女を求めているのだなぁと捉え、合コンに臨んだのですが……!

 男性側幹事ときたら、筆者を含めた女性参加者には目もくれず、幹事女性と喋ることに無我夢中なのですよ! これは決して、収集された女性陣が醜女ばかりだったということではございません。若いお嬢さんもいれば、容姿端麗な美女サマもいれば、筆者もおりました(笑)。にも関わらず! 幹事女性としか喋らない男性側幹事!

 ははーん、そういうことか。男性側幹事は幹事女性にぞっこんLOVEなのでしょう。キャサリンが、次男坊エドワードを愛しているのと同じ構図です。でもまぁ、サシ飲みに誘える関係性ではないのでしょう。
キャサリンが、男爵家の長男であるローレンスを差し置いて、「エドワードのほうが好き!」とは言えない関係性を彷彿とさせますね。そこで男性側幹事は、策を練ったわけです。新たな出会いを模索しているフリをして合コンを催せば、幹事女性とおしゃべりができる、と! ローレンスと結婚すれば、一生エドワードの近くにいられると思ったキャサリンの思考回路と一緒ですね。

 筆者は、この男性側幹事に対して、何ら魅力を感じなかったので、これといった損害を被ったわけではないんですけどね。損害どころか、ほかの男性参加者とお近付きになれたのですから、むしろ収穫があったくらいなんですけどね。なんとなく、腑に落ちない思いをさせられたわけです。「周囲を巻き込むんじゃねえよ!」と。

 気になったのは、男性側幹事が、女性幹事をサシ飲みに誘えない理由です。後から幹事女性に確認をとったところ、男性側幹事は、幹事女性に対して、何度もサシ飲みの申請をしていたようです。
しかし幹事女性は、彼とサシ飲みする気ゼロで、断り続けていたとのこと。だったら合コンやろうぜ、という流れになったのだとか。諦めの悪い男ですね。幹事女性の心情を察するに、サシ飲みの誘いを断り続けている気まずさがあるので、合コンの誘いには応じねばという義務感が生じたのでしょう。

妥協ゆえに上から目線

 合コンではなく、1対1の紹介シーンでも、似たような状況にちょいちょい遭遇する筆者。女友達から、「ミカコ(←筆者の名です)に会ってみたいって殿方がいる」と持ちかけられ、いざ会ってみると、その殿方は、当初は友達狙いだったんだろうなぁっていうのがビンビン伝わってくるわけです。
被害妄想じゃないっすよ。おそらく、筆者の女友達が、美人もしくはモテるタイプが多いために起きる現象なのでしょう。当初狙っていた女とは、どうやらうまくいきそうにない……だったらその友達で妥協するかって考え方は、合理的で男性らしいなぁと思った次第です。

 さて! 「当初は友達のほうを狙っていた男」という、女としての名誉を傷つけられるような出会いでも、「ま、ええか」というノリでセックスするのが筆者なんですけどね。この類の男性って、総じて自分勝手なセックスをするんですよ。おそらく、「当初狙っていた女から妥協した」という感情によって、上から目線になっているのでしょう。そう考えると、「ま、ええか」などというノリ感覚で、股を開くべきではないなぁと、学んだのでした。

Text/菊池美佳子

AM Answerが公式にオープン!

 友達とはシェアしづらい性や恋愛ネタを大喜利形式で話せる、AM Answerが公式にオープンしました!

 菊池美佳子さんにも
「セフレに言われた嬉しいひと言は?」
「酔っ払って送信した恥ずかしいLINEの内容は?」
「お相手のペニスを褒める際のキラーワードは?」
「男は年上に限る!」と再認識する瞬間は?
などお題を出して頂きました!ぜひ答えてみてくださいね!

【AM Answerはこちら!】    

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

AM読者の金銭感覚を調査中!

20代~30代のみなさん、自身の収入を何に使っていますか?交際費、美容、趣味…などなど女性が一番お金をかけているものは何なのでしょうか!?ぜひご意見聞かせてください!

アンケートはこちら