• sex
  • 2015.07.01

セックスでの名脇役バック体位!心の底から楽しめるバック体位5種を紹介します

気持ちイイと感じられる女性はたまらなく好きな一方、痛いと感じてしまう人はとことん苦手なバック。野性の本能をくすぐって、本当に気持いいと思えるバックのコツを伝授しちゃいます!

 バック好き女子にとって子宮口に亀頭がぶつかる感触はたまりません。
ただ男女の区別なく好きな人が多い反面、「激しく突かれると痛い」「相手と触れられないのが寂しく感じる」などの理由でバックが嫌いな人が多いのもまた事実。
今回はバックへの苦手意識を克服し、後ろから突かれる楽しさを発見できるようにバックの魅力を余すところなくお伝えします!

バックなら彼のペニスが短小でも満足できる!

セックスまとめ バック
J. Lightning

 セックスで一番重要と言っても過言ではないのが、「角度」
バックは下付きの女性が最も感じる角度を探り当てるのに適しています。
一方、彼のペニスが短めで普段は物足りなく思っていてもバックなら奥まで突けるという利点があります。
そう、バックこそ、下付き女性と短小男性にとって最も相性の良い体位なのです!

→詳細【後背位で奥まで届け!ペニスの短さも気にならない王道セックス】
by 菊池美佳子

バックを心の底から楽しむ体位5種

 ①最も刺激の強いオーソドックスな四つん這いバック
この体勢だと亀頭が子宮口にゴツゴツ当たるので痛くならないように注意が必要。
まず初めはゆっくりと挿入して、奥を優しくトントンと押すような動きを繰り返しましょう。
結合部も見えるため彼の視覚も楽しませられます。

②男性が上体を起こした寝バック
二人の体が垂直になりますが、女性が脚を閉じているので、勢いよく奥まで挿入できず、痛くなりにくいです。
お尻の肉をがっつり掴まれ、恥ずかしがりながらやりたい体位ですね。

③刺激の強い垂直型と密着感のある平行型のいいとこどりバック
上体を斜めにするのがポイントです。ピストンをしやすくするために、男性は女性に密着しすぎずに上体はまっすぐ。
体が自然と反るのでGスポットも十分に擦られ、子宮口にガンガン当たることなく、マイルドに刺激ができます。

④密着度No.1 平行型の寝バック
男性が後ろから覆いかぶさる寝バック。
暑苦しいほどに体温を感じることができ、身動きができない感じが好きな人にはおススメな体位です。

⑤平行型の四つん這いバック
あまり刺激はありませんが、なかなか体位を変えてくれない人を誘導するのに向いている体位です。
③、④などの体位に持ち込む途中の変形としても使えます。

→詳細【「寝バック」に「いいとこどり平行型バック」!自分が気持ちいい鉄板体位を見つけよう】
by Betsy

バックが痛いと感じるときには? 痛さを回避する4つの方法

 バックを試したいと思っても、痛くなってしまうからとためらっている人も多いですよね。そんな人にオススメなのが以下の4つの方法。

*浅く・ゆっくりのピストンから
*脚を閉じて、腰は反らせない
*脚をバネ代わりに
*フィニッシュはバック以外で

  痛くなってしまうのは深く挿入して、ゴリゴリと奥を突かれてしまうから。
いずれの方法も挿入を浅めに、ピストンを激しくさせないようにするために有効です。
彼の挿入角度をうまくコントロールして気持ちの良いポイントを探り当てましょう!

→詳細【アソコの奥に当てたまま優しくトントンで深い挿入を回避!バックが痛い場合の4つの対処法】
by Betsy

普段とは違うセックスをしたいときは立ちバック!?

 マンネリ気味のカップルに試してもらいたいのが鏡の前での立ちバック。
鏡に映ることで、視覚的興奮が得られるうえ、ベッドではなく立位という部分で屋外感を演出できます。
さらに、あなたのケータイを差し出して、「これで撮って」とお願いしてハメ撮りプレイに移行するのもアリ。
自分のスマホならばリベンジポルノの心配もなく、普段とは違った刺激に興奮すること間違いナシです!

→詳細【野外セックスは快感半減?テンションと勃起度を上げる「立ちバック」と「ハメ撮り」の極意】
by 菊池美佳子

 奥深くまで挿入でき快感も得やすい反面、バックはついつい男性も激しく突きがちなのが難点。
そこで快感を得るために大事なのは角度を工夫することです。
角度を工夫したバックを取り入れることでより充実したセックスライフを楽しみましょう!