• sex
  • 2015.06.01

人妻の魅力に勝つにはこっちも背徳感のあるセックスを用意するべし

セックスのクオリティを高めるためのライフハック、今週のお題は「目の上のたんこぶ」です。自分が狙っている男性の周辺をウロつくピチピチギャルが気になったりしますよね?そんなギャルとは違う土俵に立ってセックスするためのポイントを紹介します。

前回の<セックス直前にアレは必ず死角に置くべき!油断によるハプニングは避けよう>もお楽しみください。

 今日から6月です。6月といえば梅雨! ジメジメとした過ごしにくい日々が続くことになりますが、この時期の雨は、田畑の農作物にとっては恵みの雨です。我々も梅雨にあやかって、殿方のチンチンに、恵みの雨ならぬ、恵みの愛液を降り注がせましょう。

【め】目の上のたんこぶ

菊池美佳子 セックス 犬棒カルタに学ぶセックスライフハック 淫語 淑女 合コン
by dollen

 さて、今週のお題は「あさきゆめみし」ゾーンの「め・目の上のたんこぶ」です。まずは、基本の意味からおさえていきましょう。目のすぐ上にたんこぶができると、何かを見るたびに気になり、目障りでとても邪魔に感じます。それと同じように、目障りで邪魔な人物を指す言葉です。主に、自分よりも地位や実力が上の相手に対して使います。

 難しいのは、「自分よりも地位や実力が上」の定義付けです。わかりやすい例を挙げるなら、「自分よりも若くて可愛いピチピチギャル」は、鮮度及び顔面レベルでの実力が上ということになりますね。念のため補足しますが、ピチピチギャル全般を「目の上のたんこぶ」と言っているわけではありません。「目の上のたんこぶ」に該当するのは、自分が狙っている男性の周辺をウロつくピチピチギャルに限ります。恋敵が若くて可愛いピチピチギャル……そりゃ目障りで邪魔な存在ですよ!

 そして悲しいかな、若くて可愛いピチピチギャルに真っ向勝負を挑んだところで、勝てる見込みは限りなくゼロに近い現実に直面します。負け戦とわかって挑むのは合理的ではありません。同じ土俵で戦うのは諦めましょう。まずは、「若くて可愛い」の「若さ」部門! 若さの象徴といったら、なんといってもピンク色の乳首です。ピンク色乳首に、ラムレーズンのようなブラック乳首で挑むのは無謀すぎます。対抗心は潔く放棄し、着衣セックスに持ち込むほうがうんとスマートです。

 そして、「若くて可愛い」の「可愛い」部門! 顔面偏差値の高いカワイコチャンは、きっとアヘ顔も可愛いのでしょうね。キュートなアヘ顔に、リアルなアヘ顔で挑むのも、これまた無謀! お面を被ってセックスしましょう……ではなく! 目隠しプレイを提案するのがよろしいかと。着衣+目隠し……乳首も顔もバッチリ隠せるうえに、プレイとしても男性の興奮を煽る効果が期待できます。若くて可愛いピチピチギャルと男性を奪り合う際は、是非お試しを。

 目の上のたんこぶは、若くて可愛いピチピチギャルだけではありません。彼氏・夫を持つ身であるにも関わらず、シングル男性を蝕もうとする魔性のオンナたちもまた、我々にとっては目障りで邪魔な存在! そして、あんまり言いたくないですが、彼氏だとか夫だとか、安定したパートナーシップを構築できているわけですから、自分よりも地位や実力が上ということになります。

こっちも背徳感のあるセックスを用意!

 こっちも背徳感のあるセックスを用意!

 シングル男性にとって彼氏持ち女性や人妻の魅力は、なんといっても背徳感! このひと言に尽きるでしょう。男性は、タブーを犯すのが大好きな生き物です。ガキンチョの頃の、「廊下を走ってはいけません」とか「下校中に寄り道してはいけません」とか、禁止されるとつい破りたくなる子供心のまま、チンチンの皮だけが剥けて大人になったようなものですから。「彼氏持ち女性や人妻とセックスしてはいけません」というタブーも、つい犯したくなるのでしょう。

 タブーに対抗するには、こちら側も何らかの背徳感を演出するのが一番! もちろん、苦手な行為を無理に実践する必要はありません。たとえばアナルセックス。確かに背徳感たっぷりの行為ですが、「アナル開発は強制じゃない!シーン別3つの断り方」でも書いた通り、半年間おならが「すかし」になるような悲劇も招くので、無理は禁物です。

 筆者からのオススメは、これからの季節なら、あえてシャワーを浴びない状態でのセックスとか。「汗をかいているのに、シャワーも浴びずに乳繰り合ってしまう性欲旺盛な俺たち」というシチュエーションは、背徳セックスに該当します。場所が屋外だったりすると、なお背徳感が増しますね。彼氏持ち女性や人妻は、人目が気になってアオカンには消極的でしょうから、差をつけるにはもってこい!

 そうそう、彼氏持ち女性や人妻と差をつけるには、「キスマークのおねだり」が最強でしょうね。彼女たちは、彼氏や夫の手前、キスマークを刻印されるわけにはいかないでしょう。対して我々は、首だろうと乳房だろうと内ももだろうとウェルカムです。背徳感を演出するには、やはり「首」がベスト! 刻印後、「もぉー、消えるまで髪の毛結べないよぉー」とか、「しばらくはストール巻かなくちゃ……暑いのにぃー」とか、ちょっと困ったカンジを醸し出せばカンペキです。

 若くて可愛いピチピチギャルや、彼氏持ち女性や人妻に屈することなく、己のセックス道をひた走ってこそセックス淑女! 恋敵の存在に思い悩むよりも、自分自身のセックスパフォーマンス磨きに精進しましょう。

Text/菊池美佳子

関連キーワード

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話