• sex
  • 2015.01.30

コンドームが大福もちみたいな新感触に!大ヒット間違いなしの新素材「SKYN」に注目

2015年ヒット間違いなしの新感覚のコンドームをご紹介!ゴムでもなく、ポリウレタンでもない新たな素材とは?生っぽいリアルな感触を追求した、「SKYN®」コンドームを初体験した男女にコメントをもらいました!

第24回目 やわらか~い!まるでひと肌のような柔らかさ!新素材コンドームSKYN®


 あなたのラブライフを充実させるラブグッズを女性目線でリサーチしていく「21世紀ラブグッズの旅」
今回は、2014年3月に発売された新感覚コンドーム「SKYN®」をご紹介します。

「SKYN®」はオーストラリアにある世界的コンドームメーカーAnsell社が世界30か国以上で展開しているブランド。
日本では、不二ラテックス株式会社が製造販売しています。
私は、オーストラリアに留学していたので、Ansell社のコンドームは、現地でよく見かけました。

 この「SKYN®」は、利用者の97%が「友人にもすすめたい!」と回答するコンドームだそう。(※不二ラテックス調べ)
どんなコンドームなのか、期待が高まりますね。

SKYN®の特徴
新素材イソプレンラバーが大福もちのような柔らかさを実現!

「SKYN®」の最大の特徴は、その柔らかさ!
まるでよく伸びる極薄の大福もちをまとっているような使用感だそう。
この柔らかさの秘密は、コンドームの原料に隠されていました。

 一般的なコンドームは、天然ゴム製。薄さを追求したコンドームの多くはポリウレタン製です。
一方、「SKYN®」の素材は、イソプレンラバー。人工的に合成されたポリイソプレンを原料にした合成ゴムです。
ゴムと名前がついていますが、天然ゴムとは性質が異なるため、天然ゴムアレルギーの人も安心して使用できます。

 ちなみに、イソプレンラバーは、手術用手袋の原料としても用いられています。
手袋越しにでも指先の繊細な感覚を感知できるように求められる、手術用手袋と類似した触感なので、合体した時のフィット感が自然!装着していながらも安らげるコンドームって新しい。

 それでは、「SKYN®」を実際に使用してみた感想をご紹介します。

「SKYN®」を友人にすすめたい3つの理由

①スピーディーな装着に感動
 男性ユーザーの第一声は、「お!!これ、すごい装着しやすい!柔らかいからスルスルっと根元までコンドームを伸ばせる!」
スピーディーに装着できるから、コンドームをつけている間の沈黙や気まずい時間がグッと短縮。コンドームだけでなく、ふたりの関係も柔らかくなります。

②生っぽい!不思議な感触
 男性ユーザーが「生っぽい!不思議。なんで?」と、コンドームの箱をガン見。
今までにない大福もちのような新触感に感動している様子。

③彼のペニスがマット仕様にイメチェン
 女性ユーザーからは、「装着後のペニスの感触がマット仕様に変わる」との声も。
いつものツルっとしたペニスの感触にマンネリを感じている女性には、「通常のペニスにはないマットな質感」がいい刺激になるかも。

 利用者の97%が「友人にもすすめたい!」と言っているのもうなずけました。
実際に、私も使った直後にSNSで「これ、新感覚のコンドームだから、みんな使ってみて!」と写真付きでシェア。

 オーストラリア本国では、潤滑剤たっぷりタイプやラージサイズなど様々な種類で展開しているようなので、日本にも「SKYN®」シリーズのコンドームが増えるといいな。

「21世紀ラブグッズの旅」は毎週金曜日更新です。
お楽しみに♪

<AMショップでOLIVIAさんが紹介した商品をチェック>

Text/OLIVIA

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話