• love
  • 2013.03.31

【本音トーク付】朝、彼が思わず振り返る香り! “ニコライバーグマン”のローズガーデンズ

 今まさに恋愛まっただ中! そんな女性に一番似合う花はもちろん、バラ。
この香りには媚薬&催淫効果があるともいわれ、あの愛と美の女帝・クレオパトラもバラを愛し、魅せられたひとりだったそう。
そこで今回は、あなたの恋愛力をさらに上げる、バラの新フレグランスをご紹介します。

 現代フラワーデザインの代名詞となっている気鋭のフラワーデザイナー、ニコライ・バーグマン。
名前は知らなくても、花をいっぱいに詰め込んだボックス型のアレンジメント…といわれればピンとくる人も多いはず。
その彼がプロデュースするフレグランス“ローズガーデンズ”シリーズの最新作が「モーニングローズ」です。

フラワーデザイナー ニコライ・バーグマン ローズガーデンズニコライバーグマンオードパルファム モーニングローズ
ローズガーデンズニコライバーグマンオードパルファム
(モーニングローズ)50ml ¥8,925(税込)※限定品

 この“ローズガーデンズ”は、よくあるバラの香水のように、複数の花の香りをブレンドしたものではなく、世界中から厳選されたバラの香りをさらに選び抜き、封じ込めたシリーズ。
4作目となるこの「モーニングローズ」は、春の咲き始めの新鮮なバラからニコライが受けたインスピレーションをもとに、ライトで明るく、モダンな香りに仕上がっています。

ライターMのテスターお試し本音トーク!

「ローズガーデンズというくらいだから、むせかえるようなバラの香り…!?」と思いきや、テスティングすると意外にライトな印象で、ひと言でいえば“フレッシュ”。
恋愛がはじまりかけたときにイキイキと躍動する、あの気持ちを思い起こさせます。

 トップノートは、朝一番に咲いたバラの花束のような、生命力が湧き上がるみずみずしさ。
明るい日差しを存分に浴びたバラの花びらが、ひとひらずつ開いていくような、可憐さと透明感を感じさせてくれます。そしてやがて、女性らしい甘やかなトーンに変わります。
薄紅色のお粉のような、ほんのりと丸みのある優しい印象。オフィスでこの香りが漂ってきたら、どんな男性でも和ませてしまいそう。

「モーニング」という名がついたフレグランスですが、嫌味のない甘さなので、夜につけてもわざとらしくない女子力のアピールができそう!

・爽やか度 ★★★☆☆
・甘さ度 ★★★★☆
・デートにおすすめ度 ★★★★☆

 バラの香りは、たった1滴をまとうだけでも、愛と幸福感に満ちた女性らしい雰囲気をつくりだします。
「モーニングローズ」で無敵の恋愛力を身につけて、彼とのデートを楽しんで!


お問い合わせ先:フィッツコーポレーション
TEL:03-5772-1014
URL: http://www.fits-japan.com/brand/nicolaibergmann/

Text/Sachiko Maejima

関連キーワード

今月の特集

AMのこぼれ話