• love
  • 2016.12.13

お酒の席こそ人間性を試される?自分の付加価値が高まる「気遣いスキル」

忘年会シーズン、気づけば毎週・毎日のように飲み会の予定が入っている…そんな季節です。お酒を飲む機会がたくさんあるからこそ、失敗してしまうリスクもつきもの。そんなときに思い出して欲しいのは肉乃小路ニクヨさんの言葉。酔った勢いでつい口から飛び出した本音が、あなたを苦しめることにならないように。

肉乃小路ニクヨ 恋愛 ニューレディー おネエ 淑女 お酒 社交 宴席 酔っ払い 酒場

 12月はお酒を飲む機会が増えますね。
忘年会やクリスマスパーティー、年末年始には家族や友達の集まりも増えますね。

 お酒を飲める人は沢山飲む機会があるでしょう。
そういうときは人と交流する良い機会なので、大いに参加した方が良いと思います。
ただし、気をつけてくださいね。
以前、この連載でも書いたことがありますが、お酒は感情の増幅剤です。
思いもよらぬ感情が増幅されてしまうかもしれません。

 私も41歳ですし、酒場にも20年以上出入りしているので、酒の失敗の一つや二つあります。
20代の頃は酔って自転車ごとゴミ収集場に突っ込んだこともありますし、タクシーの車内でリバースしたこともあります。
家に帰ってからも寝リバースをして、危うく窒息死しそうになったこともあります。

 とにかく、失敗はあるものの、全て自爆系で、私は一応、酒癖が良いタイプと言われています。
また、そう言われるように努力もしてきました。
酒飲むのに努力ってなんだ? って声も聞こえてきそうですが、お酒を飲んだ時ほど人間性を試される機会はないのです。

宴席は気遣いのトレーニング場所

 お酒の席は社交場です。酔って無礼講ということは一切なく、酒の席で起こった嫌なことは経験上、大抵水に流してもらえません。
何故ならお酒で増幅された感情は、あなたが普段見せない本当の感情であり、
先方は、宴席であなたの本音を知ってしまうのです。

 だから私は目上の人と飲む時や職場の飲み会は、毎回接待だと割り切って臨んでいます。
中途半端に自分もお客だと思うから失敗するのです。
なんでお金を払って気を遣うのか?
と思うかもしれませんが、
酒の席で気を遣うのと、仕事で気を遣うのと、結構相通ずるところがあります。あらゆる仕事は、気を遣って作業を行うことでお金をいただくのです。
自分の付加価値を高めるには気遣いの精度を上げていくことが求められます。
それは意外と、お酒の席での気の遣い方から学ぶことが多いのです。
お水をやっていた女子大生が社会に出ると即戦力として活躍する場合が多いでしょ。
それは彼女達がお酒の席でしっかりと気遣いを学んできたからです。

親しき仲間との宴は楽しいことに集中

 次に、友人、家族、恋人などと飲むとき。これも無礼講ではありません。
金輪際お付き合いすることがない人と飲むなら話は別ですが、大抵は今後も仲良くしたい人と飲みますよね。
親しき仲にも礼儀ありというのはまさにそうで、
友好を深めるにはぶっちゃけ過ぎず、楽しいことを共有していく方が、長く上手く関係を続けられます。

 そんな上っ面の関係で良いの? なんて思う人もいるでしょう。
でも、大丈夫。上っ面のつもりでもお酒の力で自然と球足の速い会話のストロークが展開されます。球足の速い会話のストロークでエグいやりとりをすると、必ず禍根を残します。
シラフで言えないキツイ言葉は、酔った勢いで言ってはいけません。
それは単なる言葉の暴力で、会話のラリーを産みません。
楽しい、心地良いを軸にマナーを守って楽しむことが、深い心の会話のラリーを産むのです。

本当の心の解放はお酒以外で…

 では本当に心を解放できる飲み方ってあるの?
って思うかもしれませんね。
そんな時、飲み屋さんで働いている私が言うのもなんですが、お酒に頼らない方が良いと思うんですよ。
心を解放したくて飲む人は大抵お酒に飲まれて、酔い潰れて周りに迷惑をかけます。
また、お酒の威力に頼り過ぎるようになると依存に繋がります。
お酒は飲み過ぎると毒ですから、必ず身体を壊します。

 楽しく社交する道具だと思って付き合う。
それがお酒との良い関係だと私は思います。
お酒に飲まれちゃダメですよ。
せっかくの美人が台無しになりますからね。
ふふふ。


Text/肉乃小路ニクヨ

次回は <他人は判ってくれない。愛する人からさえ100%理解されない私たち>です。
「なぜ、彼は私についてわかってくれないのか?」こんな理由で悩んではいませんか? しかし、あなたは恋人や友達について100%理解しているのでしょうか? 愛しているから、好きだから、知りたいからといった理由ですべてをわかった気になることはやめて、「理解できなかったとしても、知る」姿勢を大切にしてみませんか?

童貞の疑問を解決する本

ライタープロフィール

肉乃小路ニクヨ
東京の片隅でひっそり生き続けるちょっぴりしょっぱくてサワーなニューレディー。オーバー40歳、崖っぷち女装

今月の特集

AMのこぼれ話