• love
  • 2014.02.17

ビッグダディ元妻・美奈子さんインタビュー:復縁の可能性はゼロではない!(後編)


 ビッグダディの元妻・美奈子さんに恋愛、結婚についてお聞きしました。
前編「夫婦のセックスレスには思いやりが大切」も合わせてどうぞ。

復縁はありえる?

美奈子 AM


―復縁ってどう思いますか?上手くいくと思いますか?

美奈子さん(以下、敬称略):別れたのは、それなりに理由があるからだと思うんです。
なので、その別れた理由がちゃんと解決していて、お互いが一緒にいたいと思っているなら復縁しても上手くいくと思うんですけど。
時間が解決したと思っていたり、なあなあになってそう感じていたりするなら、また同じことを繰り返してしまうかなと思いますね。

―美奈子さんは、復縁は考えてない感じですか?

美奈子:私の場合、離婚した理由が解決していないと思っています。
嫌いではないですが、恋愛感情で見ているわけでもないので。
なので、「考えていますか?」と質問には、「ゼロではないけど、今は考えてないです」って感じですかね。

ダメ男との別れ方

美奈子 AM


―女性同士でダメ男と付き合った体験談が盛り上がることが多いんですが、美奈子さん自身が出会ったダメ男体験談はありますか?

美奈子:盛り上がりますよね(笑)。
最初に出会ったダメ男は、最初の旦那さんですね。
給料を全部ギャンブルに使ってしまうとか、酒におぼれて私を殴るとか、ダメ男としてはパーフェクトな人でしたね。
ザ・ダメ男というか。

―でも、そのときは、好きだったんですかね?

美奈子:好きだったんでしょうね。
元旦那のおかげで子どもができたので、付き合わなければよかったまでは言わないですけど、今思うとなぜあんなに傷ついていたのかとか、なぜあんなに悩んでいたのか。
自分がバカだなって思いますね。

―自分がその渦中にいるときは、周りが見えなくなって異常な状態だということに気づいてないことが多いですよね。

美奈子:そうですね。
DVをうけていても、自分の悪いところを治せば何とかなると思っていて。
頭がバカというか、考えられない状況になってしまうんですよね。
「私がいないとこの人どうにかなってしまう」っていう母性本能のときもありますよね。

―ありますよね…。

美奈子:でも、本当はそんなことないんですよね!
彼自身でなんとかしなくちゃいけない問題だったと思いますし。

―ダメ男に振り回されているときって友達に何を言われても響かないことが多いと思うんですけど、その中で響いた言葉ってありますか?
元旦那さんとちゃんと別れようと思ったのはどのようなことがきっかけだったんですか?

美奈子:私の場合は、元旦那と別れなきゃいけないなと思ったのは、子どもの目つきが変わってきたことですね。
私が元旦那と一緒にいることで、子どもに悪影響を与えているなと思って別れようと思いました。

 一対一の関係だと、なかなかそういうことに気づけなくて、だらだら続いちゃって後から後悔することもありますよね。
私も殴られて身体も傷つけられて、浮気されて心も傷ついたんですけど、なかなか気づけなくて7~8年も一緒にいましたね。

―お子さんの目つきが変わったというのは、どんな風に変わってきたのですか?

美奈子:目がどんどんつりあがってきたんですよね。
前と目つきが違うなと思った時に、これじゃダメだなと思いましたね。

―お子さんが関係の異常性に気づかせてくれたということですね。

美奈子:そうですね。私の場合は子どもだったんですけど。
彼との関係が少し変だなと感じはじめている場合は一瞬冷静になって周りを見てみてほしいですね。
友達が離れていっちゃったとか、親が心配してるなとか、そういうことに気づけたらダメ男と離れられるのかなって思います。

反対意見にも耳を傾けてみると、学ぶことが多い


―女性からの攻撃もあると思うのですが、アンチの人たちへの対応はどのようにしていますか?

美奈子:今はテレビに出ているから特にバッシングも多いんですけど、普通に生きているだけでも、自分への反対意見はありますよね。
例えば、仕事だったら、賛成派だけじゃなくて、反対派の意見も取り入れたりするじゃないですか。
だから、アンチだからって「敵」だと思わないようにしていますね。
色々気づかされることもいっぱいあるので、シャットアウトするんじゃなくて、いったん聞きますね。傷つくこともたまにありますけど。

 私のことを嫌いで言っているんじゃなくて、私たち家族のことを考えて、そういう意見もあるんだよということで言ってくれていたと思うので。
完全に敵だという人には言い返せるんですけど、私の家族のことを思ってくれているんだなと思うと、なるほどなーと納得しちゃいますね。

―やっぱりテレビに家族の生活を見せられる人ってすごい少ないと思うので、見ている人もずっと家族を見てきたという気持ちでアドバイスしたくなっちゃうかもしれませんね。

美奈子:普通だったらプライベートは隠したがるんですけど、あえてこうしてテレビに出していることでの、バッシングでもありますしね。
いやなこと言われたくなかったら出なきゃいいだけなので、あまりにも傷つくことがあったら止めようと思います。

たくさんの出産の中で気づいたこと


―たくさん出産をされて、DVDの特典映像でもお腹の中に赤ちゃんがいる期間を楽しむとおっしゃっていたのが、印象的だったんですけど、たくさん出産することで気づいたこととかありますか?

美奈子:子だくさんっていいんだなと思いましたね。
もしも一人しか産んでいなかったら、子育てって大変だなで終わっていたと思うんですよ。
一人目のときは確かにすごく大変で、おっぱいもあげたし、おむつも変えたし、着替えもしたし、なんで泣いているの!?って思ったこともあるんですよ。
それで、二人目のときも、一人目の子がぐずぐず言っていても下の子におっぱいをあげなくちゃいけなかったり、抱っこ抱っこって言ってきたりで、まだ子育てって大変だなって思っていたんですけど。

 四人目ぐらいから要領よくやるコツを覚えてきて、上の子は上の子でコミュニティができてくるので遊んでいてくれたりするんですよ。
下の子がどんどん生まれていくと余裕も出てきてくれて、みんな私から産まれてきているのにこんなに違うのかと思ったり、子育て面白いな、楽しいなってやっと思えてくるようになりましたね。
たくさん産んでよかったなって思っています。

―私、今28歳なんですけど、まだ子ども産むのって正直怖いって思っていて…。

美奈子:確かに、初めては痛い痛いばっかり思っていたんですけど。
六人目になると、どういう風にして産まれてきて、どういう風にこの痛みがきて、私だけじゃなく、赤ちゃんもここは苦しいんだと、勉強したりして分かるようになってきて。
どんなに痛くても、あの痛みがあったから、こんなにかわいい子が産まれたと思うと、また欲しいなと思ったりしますね。まだ全然欲しいです、再婚できたらですけど(笑)。

―DVDも本当にお姉ちゃんが末っ子の蓮々ちゃんを抱っこしてあげたりと、コミュニティがちゃんとできているなと感じました。

子供の特性を活かす!子育て法


美奈子:あれだけ人数がいて、年も全然バラバラで、得意分野があるので、そこをお願いすると、二歳の子でも「やっておいてね」って言うと、お姉ちゃんに助けられながらですけどやってくれたりするし。

―すごい!それってコツとかあるんですか?

美奈子:子どもってお願いされたり、褒められたりすると喜ぶので、仕事をお願いして、できたらちゃんと褒めるようにしています。
お兄ちゃんお姉ちゃん制度というのもなくしていますね。
「お兄ちゃんだからやっといてよ」って言われると「長男に生まれてきたばっかりに、俺だけ」って思っちゃうと困るので、全員平等に得意分野をお願いするようにしています。
色々褒めて、上手に役割を振っていくと助けてくれるので。

―いいですね。お金のせいかもしれないですけど、周りに一人っ子って多いのですが、兄弟を産んでおいた方がいいんじゃないかなと今のお話を聞いて思いました。

美奈子:家族が多いほうが楽しいですね。
誰かが笑っていると意味が分からなくても笑うことってあるじゃないですか。
兄弟が増えると、笑顔が増える気がしますね。

―そうですね!子だくさんをすすめていきたいですね。
最後にAM読者の方にメッセージをお願いします。

美奈子:このDVDを誰に見てほしいですかっていうときに、やっぱり女性にも見てもらいたいなと思っていたんです。
今私は一人じゃないというか、どんなに辛いこと言われても頑張ろうって思えるのは、子どもがいるからなので、少しでも家族の良さとか、子どもの良さが伝わればいいなと思っています。
今十分エネルギッシュな人も、今以上の何百倍の強さが出せるんだよっていうのを見て感じてほしいと思っています。

―仕事を優先する友達で子どもを産めないという人もいるんですが、美奈子さんの場合は子どもがいるから仕事を頑張ろうと思えているということですね。
素敵なお話をありがとうございました!

Text/AM編集部

美奈子
テレビ朝日系のドキュメンタリー番組『痛快!ビッグダディ』に出演した6人の子を持つシングルマザー。出産後17キロのダイエットに成功。講談社より、半生をつづった自伝『ハダカの美奈子』を出版。

植島啓司 官能小説

2014年2月4日発売『ビッグマミィ~美奈子ファミリーの休日~』
予定収録分数:本編70分+特典映像10分(1枚組)
価格:3,800円(本体)+税 / 発売元:ポニーキャニオン
出演:美奈子 星音(しおん) 乃愛琉(のえる) 姫麗(きらら) 來夢(らいむ) 妃翠(ひすい) 蓮々(れんと)
ナビゲーター:Raychell / ナレーター:小桜エツコ /ディレクター:中村直彦
製作著作:「ビッグマミィ美奈子」製作委員会

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら