• love
  • 2014.06.03

その話、鵜呑みにしていない?操り人形にならずに自分でジャッジする力/大人女子と子供おばさんの恋愛の違い

判断を人任せにしてない?

ひかり 大人女子と子どもおばさんの恋愛の違い 判断 人任せ
by English106

 子供おばさんは、恋愛でも仕事でも、判断は“人任せ”にしがちです。
恋愛がうまくいかないときは、人に相談したり、本を読んだりして参考にすることは大切ですが、実際は当人同士にしか分からないこともあるはず。最後は自分で判断するしかありません。


恋愛にも例外はある

 例えば、一般的には付き合ってないのにHをする関係は、“都合の良い女”状態です。私自身もそんな関係は推奨しませんが、中には、そんな関係からスタートしても、本当に相手を愛することで相手の心を掴み、本命の彼女になる人もいます。つまり、例外もあるのです。
だから、そういう人にとっては、「都合の良い女状態の関係は、さっさと止めた方がいい」という情報は意味がないのです。

 ただ補足をすると、うまくいくかどうかは相手が付き合わない理由にもよりますし、良い状況にできる人というのは、「本当の愛」を持っているからこそ、相手の心を変える力があったりもします。そもそもそういう人は、「相手がHAPPYなら、自分もHAPPY」なので、そこまで苦しみません。
だから、自分の寂しさと欲望に負けて、都合よく扱う相手と縁を切ったりやり直したりするのを繰り返すようなタイプとは、ちょっと“思い”が違うことも理解した方がいいでしょう。

 自分が“本当の愛”を持っているのであれば、どんな状況からのスタートであれ、むしろその愛を貫き通した方が幸せになることは、稀にあります。
ただ、それは人それぞれ。最終的な判断は、相談をした相手にゆだねるのではなく、自分でしなくてはいけません。本人以外はその選択に責任をとれないからです。


情報を鵜呑みにしていない?

 恋愛に限らず、あらゆる場面で同じことが言えます。ビジネスでも趣味でも、流れてくる情報をただただ受け入れて信じるのではなく、自分なりに判断したり、興味があることは自分で調べたりすることが大切です。
さらに、世間一般の価値観に振り回されるのではなく、「自分はどう思うのか?」「自分のケースだったらどうなのか?」を冷静に考えるのは、とても重要なことです。

 情報はいつだって、発信する人のフィルターを通されています。だから、発信する人の“人柄”によっても、情報の質は変わってきます。
単に受け身になって、垂れ流しの情報を鵜呑みにしてしまっては、損することもあれば、どんどん自分の心が見えなくなって混乱してしまうこともあります。だから、最後は自分で考えましょう。

書き手の顔が見えない情報に振り回されていない?

 現代は、ネットでも自由に発言できるようになったからこそ、カキコミも含め、大量の情報が流れています。読み手が真意をよく理解せずに受け入れてしまうと、悪影響を受けることもあります。
発言者の中には、「読み手への影響も考慮し、覚悟をもって発言している人」もいれば、「目立ちたかったり、自分を肯定したくて、自分勝手な発言をしている人」「単なる腹いせで発言している人」もいます。

 読み手が「情報をジャッジする秘訣」が1つあるとすれば、「その発言に“愛”はあるか?」です。
書き手が単に人の欲を煽ったり、自分を良く見せようとしたりしているのではなく、読み手に対してきちんと愛を持って発信された情報であるのか。それは真面目な内容に限らず、「人を楽しませたい」「笑ってもらいたい」という思いからの発言も、愛があると言えます。

 さらに、 どんな有益な情報であれ、“心の弱さ”を持ったままその情報に接してしまうと、誤った解釈をし、自分を不幸にしてしまうこともあります。
例えばスピリチュアルの情報にしても、心が弱い人が接したら“現実逃避の理由”にしてしまいます。だからこそ、まずは読み手が「心を鍛える」ことが大切です。


自分の意思と判断が大事!

 人によって、「正しさ」は変わります。何が正しくて、何が間違っているかなんてことは、環境によって変わることもあります。
だから正しい、正しくないというジャッジというよりは、「自分にとって必要な情報かどうか」の判断が必要です。

「正しさ」でいえば、ルールも環境によって変わってきます。身近なところでいえば、同じ業界であっても、企業によってルールが違ってくることもあります。
でも、どんなルールを持つ社会に携わるにしろ、最終的に自分の人生を作るのは自分です。他人(社会)が「正しい」というものを鵜呑みにして幸せになれるかというと、そんなことはありません。自分に合わない時は、その環境から抜け出す勇気も必要です。

 情報や世間一般の価値観に流されて、操り人形のように生きるのでなく、自分の意思と判断を持って、納得できる人生を歩みたいものですね。


     

子供おばさん…世間一般の常識や情報に流され、判断も人任せにする。
大人女子…世間一般の常識や情報は参考程度にとどめ、最後は自分で判断して行動する。


Text/ひかり

3/27 ひかりさんの新刊発売決定!

ひかり 愛される人の境界線 子供おばさん 大人女子 心がけ 愛され女子 新刊

愛される人の境界線 (中経の文庫)
ひかり・著
KADOKAWA/中経出版

「愛される人と愛されない人の境界線は何か?
歳を重ねても大人の女性に成長できない“子供おばさん”(=愛されない女性)から、魅力的な“大人女子”(=愛される女性)に変わるための秘訣を紹介。」


■もしかして子供おばさんかも!な言動


AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

コラムニスト・ひかり
コラムニスト・フリー記者。著作に『大人女子と子供おばさん』など。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら