• love
  • 2014.08.21

復縁の可能性はある?3パターンから見る攻略法/オネエ精神科医のアドバイス

恋愛でも「覆水盆に返らず」?復縁の可能性

Tomy 復縁 別れた彼 告白 彼との復縁 精神科医
Ariadna Bruna

 皆様、お盆休みいかがだったかしら? 始まったと思ったら、あっという間だわよね。 アテクシはお盆は沖縄でマッタリしてきました。

 そうそう、お盆で思い出したけど「覆水盆に返らず」ってことわざがあるわよね。
こぼれてしまった水は元には戻らない、起きてしまったことは無かったことにはできないという意味です。

 恋愛で、一度終わった恋を元に戻したくなるときもあるわよね。
さてさて恋愛でも「覆水盆に返らず」なのかしら?というわけで、今回はこんなお悩み相談です。
(お悩みはコチラからご応募ください)

A.Tさん(21歳)からのメッセージ
「別れた彼氏と復縁したい」

 先日、半年付き合った彼氏と別れました。
理由は彼からの愛情不足を不満に思い、話し合いをしたところ「今は仕事がとても忙しく、仕事と恋愛と自分の時間のバランスがとれない。これ以上、愛情表現が足りないと悩ませるなら別れた方がいい」とのことでした。

 たった半年ですが、私にとっては今まで経験したことのないような素敵な半年でした。
別れてからそれほど経ってはおらず、正直なところ復縁したいと思っています。
今度は彼の忙しさを理解して、支えることを前提にお付き合いをしていきたいと思っています。
彼との復縁、どのようにしたらよいでしょうか?

 付き合って半年というのは、相手のことがわかっているようでまだ全然わかっていないときなのよ。
さすがに何年も一緒にいれば、「あうん」の空気で相手が本当のこといってなくても、何となく気がついちゃうことが多いわ。
でも、半年ぐらいならまだ「別のキャラ」を演じることもできる。

 相手の本音って意外と見えていないかもしれない。

 ここが、今回のケースの注意ポイントね。

彼が別れを告げた本当の理由

 さて、アナタは「話し合い」をしたかっただけなのに、相手は「別れを切り出した」。ここがそもそも妙なポイントなの。
はっきり言って、以前から彼がアナタと「いつ別れてもいい」と思っていたんじゃないかと思うのよね。
そうでもなければ、この場合、お互いの不満を出して、場合によっては大喧嘩をして、お互いが納得するルールを作り直すという過程になるはずなのよ。

 つまり、もともと彼はアナタと「いつ別れてもいいや」と感じていた。
そこにアナタが話し合いを持ち出した。
それをきっかけに別れ話を持ち出した。このほうが自然な流れに見えるわ。

 だから気持ちのすれ違いは既に起きていたと思うの。
ただ彼はそのことをアナタに言わなかっただけじゃないかと思うのよね。
だから、「本当の原因は別にあるかも知れない」と頭のどこかに置いておきましょう。

①本当に彼の言うことが原因だった場合

 本当に彼が忙しいのに、アナタの要求が多くて彼が疲れてしまっている場合。
この場合は、アナタが謝って妥協を示すことで復縁の可能性はあります。

②他に好きな人がいる場合

 他に好きな人がいる。あるいはできた。
考えたくないことかもしれないけれど、その可能性も否定できないわ。
他に好きな人ができたって、正直にアナタに言うわけがないのよ。
この場合、復縁の可能性はほぼないわ。

③まだ他に原因がある場合

 もっと言いにくいことで、原因があるのかもしれません。
彼がアナタに切り出していない「他の理由」についても配慮をしたほうがいいわね。

 これらの可能性を踏まえた上で、一番いいのは、少し時間を置いてから、
「やっぱり好きなんだ。私はあなたの忙しさに配慮が足りなかった。ごめんね。また話し合いできないかな?」
みたいにメールを送ってみるのがいいかも。

 すぐにメール送りたくなるかもしれないけれど、すぐメール送ってくると相手は「わずわらしい」と思う可能性もあるわ。ちょっと時間をあけたほうがいいでしょう。

 そこで少しでも相手が応じる姿勢を見せたら、「もしかして、他にも私に悪いところでもあった?だったらがんばって直したいから教えてくれると嬉しいです」などと「他の理由の存在」に配慮するといいと思うわ。
「自分が言っていないことを察してくれる人」というのはポイントが高いものなのよ。


 参考になったかしら?

Text/Tomy

■Tomy先生の新刊発売中!

Tomy

『オネエ精神科医が教える 壊れない生き方』
Tomy・著
メディアファクトリー新書

男女の心理を知り尽くしたオネエ精神科医の視点から「考え方のコツ」を伝授する。ボキっと折れる前に…「しなり」ましょ!

Tomyさんへのお悩み相談募集中!

お申し込みはこちら

関連キーワード

ライタープロフィール

Tomy
日本精神神経学会専門医、産業医。精神科病院勤務を経て、現在はクリニックに常勤医として勤務

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら