• love
  • 2015.11.08

「孤独」だと冷たい態度をとってしまう?どうしても顔を合わせたくない住人だったけど…

どうしても顔を合わせたくない、同じアパートの住人。なぜ新参者に対して乱暴な振る舞いをするのか、勝手ながらも想像できたとき、彼に対する印象がガラッと変わる…

中村綾花 AMパリ支局がお送りする 結婚と幸せの方程式 フランス 純愛
Sudanshu Goyal

 新居であるアパートの住人に、どうしても顔を合わせるのが嫌な男がいる。歳の頃は50代に近い。
私たちの上の階に住む彼は、日中アパートにいることは少ないようで、朝早く出て、夜遅く帰ってくるらしい。

 最初にすれ違ったのは、私たち夫婦がこのアパートの内見に来た時のことだった。廊下で鉢会わせ、彼はぶしつけに「あなたは誰ですか?」と私たちに聞いて来た。

「Bonjour」という挨拶もなしにだ。

 二回目に彼と会ったのは、引っ越し作業中だった。やはり彼から「Bonjour」という挨拶が発されることはなかった。

 そして今度は「何をしているんですか!?」ときた。

 なんて乱暴な男なんだ!あんなのが近所の住人になるなんて、いくらこちらが新参者とはいえ良い気持ちがしない、というのが私たち夫婦の思いだ。
また次に顔をあわせたところで、彼が心変わりして笑顔で「Bonjour!」と言う可能性は低い。できれば、ずーっとずーっと顔を合わせたくない。でも、そんなことを気にしてビクビクして生きるのはもっと嫌だ。

 彼らしき人物がアパートに帰って来ている姿を居心地わるく見ていると、どうやら彼は独り住まいではないらしいことがわかった。中学生くらいの息子が出入りしていることがあるからだ。

 いや、それにしても、その息子が毎日登校している姿を見たことは一度もない。そこで私は気がついた。その息子の母親らしき人を、引っ越し後一ヶ月経った今でも見たことがないことを。

 そう、かの乱暴男は離婚しているらしいのだ。フランスでは珍しくもなんともない子持ち夫婦の離婚。そして、離婚した両親の間を、子供は行ったり来たりしながら成長していく。
彼が離婚した男であり、息子と一緒に住んでいるわけではないという状況に気づいた瞬間、彼の印象は、悲しみに変わってしまった。私の勝手な想像なのかもしれないが、彼は「孤独」なのだと思う。彼の背後に感じられるオーラは冷たく、強ばっている。

 その彼の生き方が、新参者に対しての態度として現れてしまったのだろう。

 今度彼とすれ違う時は、私から挨拶をしようか。そんなことを考えているけれど、引っ越し以来、彼とはすれ違うことがない。

Text/中村綾花

ライタープロフィール

中村綾花
ラブジャーナリスト/ライター。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

緊急!読者アンケート

AMをより楽しいサイトに改善するため、読者の皆様に緊急アンケートを実施しております。 新しい設問になっているので、ぜひお答えいただきたいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

アンケートはこちら