合コンであなたの恋愛を邪魔してくる?

 まず自分の味方となる本当の友達の第一条件は、一緒にいて楽しかったり、色々な話ができたり、向上し合えたり、お互い応援したり、相談ができたり、その相談に親身になってくれたり…と誰でもなんとなく分かっていると思います。

 でも、このように心地の良い関係じゃないにも関わらず友達関係を続けている人結構いるんじゃないでしょうか。

 例えば、こんな経験をしたことはないでしょうか?
友達のAちゃんと一緒に合コンに行きます。
その合コンで、好みのタイプのB君がいました。明らかに気に入っているという態度だったので、Aちゃんも分かっていたと思います。

<パターン1>
 合コンが終わって帰る頃、Aちゃんが「今日、早く帰るって言ってたよね。一緒に帰ろ!」とみんなの前で言ってくる。
これで、なんとなく私はBくんと一緒に帰れなくなる。

<パターン2>
 合コンの最中Aちゃんが「○○ちゃん(私)って…あの男の人とどうなったの?」と急に他の男性の話を出してくる。

<パターン3>
 合コンの帰り道にAちゃんが「あのBくんって他の子にも連絡先聞いていたよ。ああいうタイプって信用出来ないよね。○○ちゃん、騙されちゃダメだよ!」とBくんを全否定してきて、Bくんに連絡を取りづらくなる。しかも、情報は嘘。さらに、後日AちゃんがBくんに連絡をしていたことを知る。

 こんな経験ないですか? 私にはあります…というか、あの例は全部私の実体験なんです(笑)。

「こんな人友達じゃないじゃん!」って第三者は言うんですけど、当事者の自分は、どうも気が付きづらいんですよね。
直接的に何か攻撃されている訳じゃないし、何となく文句を言うには細かすぎると思ってしまったり。

 ただ、自分にとって良くない女友達って気をつけた方がいいと思います。
では、どうやっていい友達と良くない友達を見分けたらいいのでしょうか。

前後の連載記事