プロローグ:失恋後の苦しみはひとりで引き受けるしかない(1)

失恋後のこのやり場のない思いは一体どうしたらいいの? 雨宮まみさんと考える失恋を前向きに処理する方法。

どんなに親しい友人でもすべてを
わかってくれるわけではないのが失恋…

Nurture By rickyqi
By State Library of New South Wales collection

 失恋。
それは世間一般では非常にありふれたことですが、当事者にとっては地獄のような苦しみを伴うものです。
そして、ありふれたことゆえにあまり同情してもらえないのも事実。
うかつに人に話そうものなら、

「失恋? えーこないだまで恋してたってことじゃん! うらやましいわ~私なんかもう枯れまくっててそんな話もないもん!」
「私ずっと彼氏いないから、失恋っていうこと自体、遠い話にしか思えない」
「失恋って……。病気とかじゃあるまいし、身体がどうにかなってるわけじゃないでしょ? いいかげん落ち込むのやめなよ」

 と、冷たい言葉が返ってきて、さらに落ち込むはめになったりします。

 たとえ親身に話を聞いてくれる友達がいても、 1ヶ月、2ヶ月、半年経ってもあなたが「元カレがさ~」とことあるごとに話し続けた場合、「(えっ、この人、まだ引きずってるの……?)」と若干引き気味になってしまいます。
もちろん、優しい友達の励ましの言葉はとても大切なもの。
失恋で崩壊しそうな自我を支えるために、これほど大切なものはありません。

 しかし、どんなに親しい友人であっても、恋愛という二人だけの密室の関係について、他人がすべてわかってくれるわけではありません。
わかってもらおうと詳細に話しても、他人の恋のディテールなど、たいていはうっとおしいだけです。

基本的に、失恋の苦しみは、「ひとりで引き受ける」しかないのです。