二村ヒトシさん セックスセンスインタビュー

飢えている世の中では愛のパスはまわらない(5)/二村ヒトシ×大泉りか

AV監督でありながら著書多数の二村ヒトシさんに、SM嬢の経験を持つ大泉りかさんがインタビュー。男は彼女にお母さんであることを求めているのかもしれない、けれど母性は本当に与えなければならないものですか?欲求不満の私たちの攻められたい願望への対処法を二村さんが伝授します。

 AV監督でありながら、『恋とセックスで幸せになる秘密』、『すべてはモテるためである』などの恋愛書の著作を持つ二村ヒトシさん。女性が積極的なアダルトビデオの先駆者であり、撮影現場で多くの女優の性を見つめてきた氏に今回の特集「セックスセンス」について語っていただきました。
第1回「セックスと恋の呪いにかかった女たち」第2回「セックスを餌にしても幸せにはなれない」第3回「恋愛とセックスが切り離せない理由」第4回「彼氏だとイケない女、彼女にはこんなことしないという男」も合わせてお読みください。
(インタビュアー:大泉りか)

二村ヒトシ 恋愛 結婚 セックス 大泉りか

“ヤラれたい”のは欲求不満のせい

大泉:確かに“支配されたい”という女性、多いです。女性向けの官能小説のパターンとして、だいたい男はイケメンの俺様。で、そのドSの彼にいろいろされるっていう。女の欲望として“ヤラれたい”という願望があるのではないかなって。

二村:それは欲求不満だからですよ。責めもらってないから。
よくハプニングバーとかで「僕はSなんです」とか言ってる男はだいたいダメな男なんですけど、でも、きちんとしたSになれば男はモテますよ。
それと同じで、男もみんなM。だから女もモテたかったら女王様になればいい。確実にモテます。
女王様とM男の関係って本当に健康的なんですよ。男が女王様に恋をしていて、女王様はM男たちに愛を与えている。
よくできる女王様には母性があるからね。

まぁ、この母性という話になると、また男と女の愛の綱引きになっちゃうんですよ。
「それを求めないでよ!」と言われてしまう。

大泉:女は母性の話については敏感ですからね。
目に見えないし、あるかないかもわからないものですから。

二村:そして、「日本の男はみんなマザコンよね」って怒り始めるんです。

大泉:でも、マザコンですよね。あっ、怒ってはないですよ(笑)。
本当にそう思ってるんで。もうこれは仕方のないものだって。

二村:そう、マザコンなんです。マザコンに決まっているじゃないですか。
でも、男が女に母性を求めると、なぜ怒る女の人がいるのか。
それは、「かわいがってほしいのは私のほう」だからです。「私だって母に飢えてるんだよ!」って。