挿入中に逃げたくなる場合

挿入中にも同じように強い刺激に耐えられなくなる人がいます。これもやっぱりクリトリスの過敏だと私は思っています。
クリトリスは外から見えている突起部分だけじゃなくて、本体部分が体に埋まっている構造になっていて、ピストン運動によって腟口の左右に伸びているクリトリスの脚部分は常に刺激されていますし、腟の上側の壁越しにクリトリスを裏側から刺激することになります。男性の恥骨や玉がクリトリスの突起部分に直接当たることもあります。この場合も同じように、激しいピストン運動を避けることが大事です。ピストン運動は激しくしなくても男女とも気持ちよくなることはできるので、座位や背面側位で上半身をしっかりくっつけて、ゆっくり動くようにするといいと思います。これなら荒々しいピストンにはならないので安心です。長く深い呼吸を続けられるのを目安にしてください。間違えても電マの刺激を加えて‟乗り越え”ようとしないでください。過呼吸になって別の意味で頭が真っ白になるだけです。

セックスでは強い興奮と強い刺激が必要だと思われがちですが、女性が気持ちよくなるためにはある程度のリラックス状態が必要です。強い刺激を受けて辛い、苦しいと思ったらそれは気持ちさから遠ざかっている証拠です(中には頭の中の強い興奮、体の痛み、呼吸の苦しさになどによってちょっと違うイキ方をするプレイもありますが)。
適度にリラックス状態を保てるように、自分の体の感覚と呼吸に気をつけてみてください。

Text/Betsy

前後の連載記事