Loading...

「ここイジられると気持ちいいいんだろ?」ヤクザな彼に愛されるTL漫画5選

PR

今回ご紹介するのは、今ではTLで人気ジャンルとして確立されている「ヤクザな彼」とのTL漫画5作品。

怖いし肉食系にもほどがあるし強引。だけど、好きになった主人公に甘々で優しく、いざとなったら守ってくれて、頼り甲斐がある! そんなヤクザの彼に、あなたはハマらずにはいられません。

理性が狂うほど…

まず最初にご紹介するのは 『極道とオメガ~剥き出しの渇愛。』

【あらすじ】
「ったく…こんな場所で発情しやがって」
嫌なのに、本能が求めてやまない…。最も極上で、最悪の男と「番(つがい)」だなんて…。
新倉若菜は売れない恋愛小説家。担当編集から“極上のα(アルファ)男性”に取材する仕事を紹介される。弘侠会の若頭である多々良国光は美しくも謎が多い存在――
彼に近づくために高級クラブにホステスとして潜入した若菜は緊張のあまりに汗が止まらない…と思っていたら初めての“ヒート”が訪れて!? 目覚めたばかりのΩ(オメガ)の性に戸惑う若菜とフェロモンにつられて群がる男たち…。意思に反して疼くカラダは自制ができない。絶体絶命のピンチに表れたのは――!?
この感情は「愛」、それとも「本能」なの…?

■みどころシーン

この作品、TL漫画では大人気の設定、「オメガバース※」!!

※オメガバースって?
アルファ(知的・肉体的に優れた支配階級)、ベータ(最も人口の多い中間階級層)、オメガ(希少種だが発情期があり忌避される階級)という3種類の階級にわけられた世界観の設定。オメガの発情(通称ヒートと呼ばれる)はフェロモンを撒き散らし、オメガ自身もそのフェロモンにあたった人間も理性をなくすほど欲情してしまう傾向にある。

初めてヒートを発症してしまい、そのフェロモンにやられた男たちから襲われそうになった主人公の前に現れたのは、取材対象者である若頭・多々良国光。

別室につれていかれ、ヒートを抑えるためのフェロモン抑制剤を打たれるが、初めてのヒートは中々おさまらない。気づいたら国光にアソコをいじられていて--

「ここ弄られると気持ちいいいんだろ?」

ヒートにより発情しきった主人公は拒否できず、初めての快楽にひたすら喘ぎまくります。

オメガバースとヤクザの組み合わせの何がいいかっていうと、主人公はフェロモンで発情しててめちゃくちゃエロいし、そして何よりかっこよくて理性的なヤクザの彼が、そのフェロモンにどんどん余裕がなくなっていくのがかなりエロいんです。

オメガとヤクザの組み合わせゆえにトラブルに巻き込まれがちだけど、それを通じてどんどん絆が深まり、番(つがい)として愛を深めていく2人の関係に目が離せません。

強面ヤクザから甘々に愛される

強面(だけど実は優しい)男性が好きなあなたには、 『ヤクザと結婚なんてデキません!~その女、男装女子につき~』がオススメ!

【あらすじ】
「男なので(男性とは)結婚できません!!」
ヤクザの若頭の求婚から逃げるために主人公の取った手段は…男装女子になる事!?
父親が勝手にヤクザの若頭との結婚を決めていたと発覚してパニックになる千尋。男装をして「男です!! 別人です!!」と言い張り勝手な約束から逃れようとしたけれど、結局は千尋がみつかるまで人質だと言われ舎弟として組で働くことになってしまい!?
次第に若頭に惹かれていってしまう千尋。相手はヤクザなのに…と複雑な気持ちに。そんな時、風呂で背中を流せと言われて!? お風呂に一緒に入ったら…女の子だってバレちゃう!?
恋に不器用なヤクザと男装女子の異色!? うぶうぶラブストーリー☆

■みどころシーン

実は最初から女装だとバレていたと知り「悪気はなかった」と強面の若頭に謝る千尋。

だけど優しくキスをされて--…

「メスっぽい表情もやっぱりいいな」

とあそこをひたすら弄られて絶頂してしまいます。

若頭で強面なのに、最初から優しくてとにかく主人公に甘々。2話目もいきなり甘々なエッチから始まるし、一見クールな若頭の主人公に対する「好き」がダダ漏れで本当に愛おしい…! ぜひ、続けて読むことをおすすめします。