欲に弱い人間を押しとどめるのが餃子

初デートで勢いセックスしたくないなら、事前にすべきことはワキ毛を伸ばし放題にしておくことです。ワキ毛が伸び放題であれば、いざエッチな雰囲気になっても、自然とブレーキがかかるはず。そしてパンツも、ゴムはヨレヨレ・生地はクタクタ、更に黄色いシミまで付着しているような「逆・勝負下着」であれば、強い心で勢いセックスを回避できます。

しかし人間とは欲に弱い生き物です。性欲に負け、「ワキをしめてセックスすればバレないだろう」「部屋を真っ暗にすればパンツのシミにも気付かれまい」ってことにして、結局は勢いセックスしちゃうのが女という生き物。

そこで餃子の出番です。餃子とは、ご存知の通りニラとニンニクがたっぷり入った、ニオイが気になる逸品! 餃子を食べた直後にセックスしようだなんて気持ちには、お互いになれないはず。そう、「お互いに」って部分がポイントです。男性側もニオイを気にして、セックスには誘ってこないでしょうから、エッチな雰囲気に流されるという現象が、そもそも発生しないのです。餃子、バンザイ!

餃子専門店といえば、ひと昔前までは乃木坂にある珉珉くらいでした。しかし餃子ブームの影響で、餃子専門店は山ほどあります。チェーン店も増えましたね。最近のミカコちゃんは、「餃子とビールは文化です」って看板の餃子チェーン店がお気に入りです。正式な店名はダンダダン酒場だったかな。いっそのこと、専門店じゃなくても、王将で充分じゃないか! あ、王将も餃子の専門店か。

極論、お家デートでもメニューが餃子であれば、勢いセックスは回避できると思うんですよね。仮に終電を逃し、泊めることになっても、お互いにニオイを発している身ですから、同じベッドに入っても背中合わせで眠ることになります。お互い、オイシイご馳走がすぐ隣に眠っているのに、向き合うことができないジレンマは、良い意味でのおあずけ感となるでしょう。

個人的には、家で餃子を作る際は、餡に挽き割り納豆も混ぜ込む納豆餃子がお気に入りです。ニラとニンニクに、納豆が加わればもう最強! 絶対に勢いセックスを回避できます。さあ、初デートは家で納豆餃子を作ろう! ラー油とコショウたっぷりめでお召し上がりください。

Text/菊池美佳子