Loading...

エクササイズして、ラブグッズを使って、すっきりして寝る。自粛生活の過ごし方

自粛生活をはじめたきっかけ

お家時間 Image bruce mars

新型コロナウィルスが猛威を振るい始めて、東京都では不要不急の外出の自粛が始まりました。

「原因不明のウィルス性肺炎」が中国武漢で発生したとのニュースを知ったこの時に頭に最初に浮かんだのは、高齢な父のこと……。中国からの観光客の宿泊も非常に多い都内のホテルで働いている父は肺気腫を患っているので、万が一その肺炎に感染したら死んでしまうんじゃないか……と非常に心配になりました。

また、人通りの多い新宿~渋谷を毎日通勤経路にしている私が、付着したウィルスを実家に持ち込んでしまい、父を失ってしまったら……と不安になったので、まずは実家に行くのも、両親に会うことも自粛する生活が始まりました。

騒ぎが大きくなるより前に、友達から「熱が出てしまったので、仕事を休もうと思ってる」との相談があったのですが、万が一のことを考えて「もし何かあったら大変だから2週間休んで、そしてもう一度医者に行ってもらい判断したらどうか」と伝えました。「家で待機して」と言ったのは、もし新型コロナウィルスだったと知らずに大事な人に感染させてしまい、その人を失ったら……ほかの人にさらなる感染させてしまったら……と考えると社会的な責任が大きく重いし、きっと後悔する結果になるであろうと思ったからです。そして念のため、お年寄りには特に接触しないように……自分も父が心配で長らく会っていないことも含めて伝えました。

3月の連休の渋谷の街は、人々で溢れかえる日常の活気をすっかり取り戻しており、人の波は完全に復活しておりました。まさに油断して気が緩んだ方もたくさんいたと思いますし、私もその一人でした。

今後、自粛していても感染する可能性はあると思います。問題は感染してしまったかも……と思った時にどのように行動するかだと思います。ただ、感染した人を非難する魔女狩りみたいなことが起こると、言い出せずに隠す人が増えてしまい、さらなる感染につながってしまうのではないかと思います。なので、感染してしまったと勇気を出して告白する人を責める世の中であってはいけないと思います。

前後の連載記事