【実験】セックス中の脳波を比べてみた/マドカ・ジャスミンのチン道中

マドカ・ジャスミン SKYN コンドーム セックス 脳波

 季節はもう冬。すこし前までオレンジ色だった街並みも、赤や金色の「クリスマス」に染まっている。ちょっとセンチメンタルな気持ちでこんにちは、マドカ・ジャスミンです。

 そう、冬。人肌恋しい季節がやってきましたね。
冬はそんな欲求を満たせるイベントが多い時期です。「鍋しない?」「温泉でもいきたいよね」なんて爽やかな言葉も、翻訳すれば全部こうなります。「セックスしたい」、と。

「セックスしたい」したい。すごくしたい。冬はセックスがしたい。
冷たい空気のなかで抱き合い、ふたりの体温を分け合う。最高じゃないですか。

すべてを感じ合うセックスがしたいのに…

 しかし、ネックになっていることがひとつありました。
それは……相手との間に存在する数ミリの壁、皆さんご存知の「コンドーム」

 実はわたし、一般的な天然ゴムのコンドームだと、アレルギーでかゆみが出てしまうのです。普段はポリウレタン製を持ち歩いているのですが、なりゆき時に天然ゴムだと、「終わったらかゆくなるやつだ!」という恐怖で頭がいっぱいになり、すべてを感じ合うなんてまず無理。

 ポリウレタン製はかゆくなりませんが、材質が硬めで、装着するときにモタモタして気まずい空気になることも……。

「これじゃいつまでたっても、いいセックスができないじゃないかーーーーーーー!!!!!! 冬の馬鹿野郎ーーーーーーーーー!!!!!!!」

 きらんと星が光る夜空に、わたしの切実な叫びが響き渡った。

「いいセックスがしたい」祈りが星に届いて

 そんなある日、AM編集部から今回の企画を依頼された。

『SKYN』という、もち肌コンドームが最近評判らしいので、SKYNを使ったセックスの気持ちよさを実証してくれ」

 申し訳ないけど、何を言われているのかさっぱり分からなかった。え、企画でセックスしろと? そもそも実証ってなに? そんな疑問で頭がいっぱいになりつつ、聞いてみる。

「実証って、どうしろと……?」

「これを使ってください」

マドカ・ジャスミン SKYN コンドーム セックス 脳波

 ヘッドセットのようなソレは、近未来的アニメコスチュームのアクセサリーを彷彿とさせた。

マドカ・ジャスミン SKYN コンドーム セックス 脳波

「この脳波測定器を装着しながらセックスしてください。脳波で実証するのです」

 嬉々として言う担当者を見ながら、思う。

(は?! 人のセックスをなんだと思ってるんだ! そもそも最近セックスすらろくにしてないのに……)

 にこにこ笑顔な担当者、そして、手に取った脳波測定器、これは一般企業の会話じゃないだろうという空気が漂う中、答えた。

マドカ・ジャスミン SKYN コンドーム セックス 脳波

「やります! やらせてください! というか、わたし以外にできないですよね! 脳波測定セックスだなんて、サイエンス!」

 性欲と好奇心の強さは比例するという。断る理由なんて、脳裏をよぎりもしなかった。