• sex
  • 2017.12.10

冬はセックスがおっくう!寒いから良さがわかる密着系体位でぬくもりをゲット

「セックス」は夏の季語ですよね…。冬は、楽しくデートできても、いざセックスとなると現実に引き戻される瞬間がいくつも。しかも、寒いとイキにくくなってしまいます!しかし、冬には冬のセックスがあり、楽しむためにはコツが必要。3ステップでぬくぬくエッチを楽しみましょう!

冬の寒さを味方につけるおでかけデート

雪が舞い散るなか1つのマフラーを2人で使うカップルの画像
by Inna Lesyk

 こんばんは!ラブライフアドバイザーのオリビアです。
いよいよ恋人達がはしゃぐイベントシーズンに突入。けれど、「この季節はセックスがおっくう」と感じる人もいます。

 その理由は、冬の寒さ!

 外のデートは、いいんですよ、むしろ寒い方が。
「こんなに手が冷たくなっちゃった…」と手を繋いだり、
「あったかそうなマフラー(手袋)だね」とマフラーや手袋を共有したり、
ギュッと抱きしめてもらったり、
「あたためて❤」と、堂々とスキンシップをおねだり出来るから。
寒さが2人の距離を縮めるきっかけになってくれます。

 でも、「いざ、セックス!」となった時に、現実に戻されませんか?
防寒を優先してデート服を選ぶから、レギンス、タイツなどでのデリケートゾーンのムレが心配だったり、重ね着した腹巻や靴下を彼に脱がされるのが恥ずかしかったり。
ベッドルームでは、恥ずかしがり屋でもないのに、お布団の中でモソモソ。
寒くないように、エアコンをつけて室温を上げれば、お肌が、カッサカサ。

 けれど、映画『人のセックスを笑うな』の39歳の美術講師ユリ(永作博美)と、19歳の美術学生みるめ(松山ケンイチ)の「寒い、寒い」と言いながらする真冬のアトリエでのセックスは、名シーンなの。例外として、ぜひご覧ください(笑)。

寒いとイキにくくなる性メカニズム

 寒いからとセックスを「ささっと済ませよう」とするのは、ちょっともったいない。
「冷えは女性の敵」と言われていますが、セックスも然り。
ぬくぬくしながら行った方が、感じやすくなるのは性メカニズムをみてもわかります。
暖かな環境で、リラックスしながら愛撫されると、自律神経の副交感神経が優位になり、女性は膣が潤い、男性は勃起します。
オーガズムの準備が始まるのです。
寒さで体と心が緊張してしまうと、オーガズムからも遠のいてしまう。
おうちセックスでは、ベッドルームを冬仕様にして、快適なオーガズム環境を作りましょう。

冬のオーガズムを堪能する密着系体位

STEP1:ぬくぬくの寝床を用意
シャワーを浴びる前に、布団乾燥機や湯たんぽで布団の中を温めておきましょう。
猫を飼っている人は、猫に寝床を温めてもらうのもいいですね。
我が家は、猫たんぽ派です。

STEP2:前戯はバスルームで
バスルームは、あわあわにしたボディソープで体を洗いっこしたり、遊べる場所。
脱がせにくい重ね着も、タイツのムレ臭も、サッと脱いいでパッとお風呂に入れば気になりません。
バスタブに浸かりながらのイチャイチャは、前戯のはじまり。
盛り上がってきて、「このままバスルームで…」となりそうですが、湯あたりに気をつけてくださいね。
コンドームの装着もうやむやになりやすく、「先っちょだけなら、いいでしょ?」と言い出す男性もいそうなので、ここは、ベッドルームへ向かいましょう。

STEP3:密着系体位で人肌のぬくもりを堪能
あたためておいた布団に潜り込んだら、彼のぬくもりを堪能できる密着系の体位を取り入れましょう。
密着系体位と言えば、対面座位寝バック、抱きしめ正常位などバリエーションがありますが、おすすめは、バックハグで繋がる添い寝バック。

バックハグで繋がる添い寝バック

 布団の中で、くるっと彼に背を向けて「後ろから抱っこして♥」とリクエスト。
彼のぬくもりに包まれる心地よさは、冬ならではの幸せなひととき。
夏だとうっとうしく感じてしまう密着系体位は、冬だからこそ、その良さがわかるはず。
密着系体位を取り入れて、冬のぬくぬくセックスを楽しんでくださいね♪


Text/OLIVIA

次回は<排卵日を祭りにする!管理射精を盛り上げる「健全じゃないスキンシップ」>です。
AMではあまり取り上げられない「妊活」。これを機に楽しいセックスから遠のいてしまうことも珍しくありません。それを防ぐべくOLIVIAさんが勧めるのが「健全じゃないスキンシップ」!「妊活はまだ早い」と思ったそこの貴方。これ、セックスレス予防にも繋がるんです。

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。
今月の特集

AMのこぼれ話