STEP4:セックスのハウツー本を与える時の注意点

 そこで、「こうして欲しい!」と伝えようと、一部の女性が「よかれ」と思ってやりがちなのが、ハウツー系のセックス本を彼に買い与えること。
「これでも読んで、勉強してよ!」と威圧的な態度は、「勉強しなさい!」と問題集を与える教育ママです。
「俺って、そんなに下手なんだ」「バカにされてないか?」と彼の自尊心を傷つけます。
セックスにおいて、男性器に宿る自尊心が一度傷ついたら、なかなか回復しないのです。

 男性相談者は、「初めてのセックスで『なんで勃たないの?』と責められて、それ以来、相手が変わっても勃起しなくなりました」「『あなた下手ね』と言われて傷ついて、セックスの度にフラッシュバックして萎えてしまう」とか、何年も前のことでも昨日のように語るのです。
それだけデリケートなことだと心得ておきましょう。

 セックス本やセックス関連の情報を読んで学んで欲しい時には、

①ジェンダフリーで読めるテキストを選ぶ
②「これ、面白かったよ」「ためになった」からシェアしたい!と前向きに差し出す
③見せた後には、彼の目につくところに放置

 筆者もセックス関連の書籍を出版しているのですが、そこで気をつけているのが、「カップルで一緒に読んでためになる」ように配慮すること。
前回もお伝えしましたが、「楽しいから、セックスにのめり込む」のです。
ダメ出しばかりされて、問題集を買い与えられても、積読(つんどく)になるだけ。
テキスト選びもシェアする時も、面白さを全面に出した提案を心がけて、彼のタイミングで興味が湧いてくるのを待ちましょう。

 私の自宅は、本棚びっしりセックス関連本なのですが、パートナーに「読んでみたら?」と提案することはありません。自分の本さえ、あまりすすめません。
でも、そっと観察していると、ひそかに読んで、ベッドで実践してくるんですよね。
自分で書いた本は、「あぁ、何ぺージのアレを試しているのね」と手に取るようにわかるのですが、知らんぷり。
「今日の、なんかよかった!」とさりげなく褒めておきます。
そんなところも、我が子の成長を見守るようで、微笑ましいものです。

 次回は、「愛撫が雑」「触り方が強すぎる」「前戯が短い」「ピストンが激しすぎる」を改善する具体的なテクニック指導方法についてご紹介します。

つづく。

Text/オリビア

次回は<角を立てずにアソコを立たせる!彼のテク不足を改善する3ステップ>です。
痛くても気を遣って本当のことが言えないセックス中。でも、諦めたらそこで終了ですよ。セックスはコミュニケーションですから、しっかり伝えて快適に快楽を身をゆだねたい。今回はそんなときの伝え方講座です。オリビア先生、男の愛撫を躾ける方法、教えてください!

前後の連載記事