「本当はMかもしれない」とエロメンがカミングアウト!?対話からセックスまでの緊張感がたまらない『Face to Face』シリーズ3選

今回は、「パートナーと対話しながらお互い気持ちよくなりましょう」というコンセプトのもと、エロメンの素の表情、意外な一面などが垣間見られる、エロメンファンにもとても好評な「Face to Face」シリーズからおススメのパートをご紹介!

 SILK LABOの作品は、ドラマ部分がしっかり作りこまれているというイメージが強いかもしれません。でも、実はドキュメンタリー的作品(男性向けでいう「企画モノ」)もあります。

「Face to Face」シリーズは、そのタイトル通り、エロメンとお相手の女優さんが顔を合わせて、性感帯はどこか、どんな風に攻めたいか攻められたいか…などなど、普通なら面と向かって話さないような内容までしっかり対話し、その上で実際にセックスに臨むというものです。
自己紹介からベッドでのやりとりまで台本はなく、二人のその場の空気で進められていきます。

「パートナーと対話しながらお互い気持ちよくなりましょう」というコンセプトで制作されている作品ですが、エロメンの素の表情、意外な一面などが垣間見られるので、エロメンファンにもとても好評。
今回はそれらの中から、異なるエロメンの3パートをご紹介します。

「はじめての恋みたいなトキメキ」 ITTETSU × MINAKO

AM DMM AV シルクラボ silklabo
『Face to Face 2nd season』/主演:出演者: 芹沢つむぎ 桜りお 内田美奈子 / ムータン(ムーミン) 安藤太一 一徹(鈴木一徹)/SILK LABO

「Face to Face 2nd season」からは、この作品で2回目の共演だという一徹くんと内田美奈子さんのパートをイチオシさせてください。

 奇しくも、男性向け作品でも同じように「どんなセックスが好きか」を話し合った後に絡むという、似たシチュエーションで共演したことがあるお二人。 その時の美奈子さんはとにかくドMで、一徹くんはお尻も顔も赤くなってしまうぐらい叩いていました。
なので、今回も女優さんをバシバシ叩くことになってしまうのではと、一徹くんはとても不安だったそうで、セックス前のふたりの会話、最初一徹くんはちょっと緊張しているようにも見えます。

AM DMM AV シルクラボ silklabo
『Face to Face 2nd season』/主演:出演者: 芹沢つむぎ 桜りお 内田美奈子 / ムータン(ムーミン) 安藤太一 一徹(鈴木一徹)/SILK LABO

 ところが、最初から一徹くんが敬語じゃなく話すので、美奈子さんもすごくフランクにいろんなことを話してくれます。

AM DMM AV シルクラボ silklabo
『Face to Face 2nd season』/主演:出演者: 芹沢つむぎ 桜りお 内田美奈子 / ムータン(ムーミン) 安藤太一 一徹(鈴木一徹)/SILK LABO

 そして、いざセックスする頃にはすっかり安堵の表情で、完全にリードして包み込む一徹くん。
顔が性感帯と聞いて、ほっぺにもおでこにも優しくキスする横顔にはうっとり見とれちゃいます。
美奈子さんはそんな一徹くんに対して緊張も解けてカラダを任せ、一徹くんが「すごーい!やばい!」と歓喜するほどに濡れてしまいます。

AM DMM AV シルクラボ silklabo
『Face to Face 2nd season』/主演:出演者: 芹沢つむぎ 桜りお 内田美奈子 / ムータン(ムーミン) 安藤太一 一徹(鈴木一徹)/SILK LABO

「こうしてほしいとか、恥ずかしがらずに言ってくれた方が、男の人うれしいよ」
と、囁く一徹くんのこの言葉は、きっと美奈子さんだけではなくて観ている女性みんなに向けたメッセージ。
「Face to Face」シリーズの王道を行くパートだと自信を持ってお勧めできます♪

<今すぐ『Face to Face 2nd season』のサンプル動画を見る!>