信頼関係は時間をかけて築くもの

LGBTのためのコミュニティサイト「2CHOPO」の記事をご紹介!トロントに暮らすゲイのキャシーさんのセックスや恋愛に関するコラムです!今回は「恋愛における信頼関係」について。表面上の信頼関係を構築してもあなたは信じぬくことできますか?

LGBTのためのコミュニティサイト「2CHOPO」の記事をAMでご紹介させて頂けることになりました!
今回は、キャシーさんの「セックス・アンド・ザ・キャシー」の記事です。

LGBT ゲイ キャシー カナダ トロント 2CHOPO 恋愛
by キャシー

「恋人を愛しているから、無条件で信じてあげたい」

 そんなナイーブなことを真顔で語る友達を側で見ていると心配で仕方がない。
信頼という便利な言葉を使って、交わしにくいコミュニケーションを避ける人があまりに多いからだ。
恋人を信じたいという気持ちはよくわかる。世界全体がピンク色にしか見えないラブラブなカップルにとって、嘘だとか浮気だとかダークな話は雰囲気ぶち壊しである。
しかし、非現実的な期待をして最愛の人に裏切られた人たちを山ほど目撃してきた。自分も同じ道を通った。

 人間は嘘つきである。見栄を張るために嘘をつく人もいれば、他人を利用したいから嘘をつく人もいる。
恐怖心から自分を守るために嘘をつく人だっている。嘘つきは泥棒の始まりと言っても、生きていれば多少の嘘は避けられない。
嘘つきは絶対悪だと主張する人だって、きっと嘘と共に生きている。それは、本音だけでは社会が成り立たないからだ。
だからといって、人間不信を勧めているわけではない。信頼し、信頼されるのは欠かせないことだ。ましてや、他人を疑いながら生きるのは気持ち良くない。

 関係が親しいほど裏切られたときのダメージも大きい。そういう意味でも恋人を闇雲に信じるのは危なっかしい。
恋人同士だからコンドームを使わなくても良いと考える人は珍しくないが、リスクの高い行為にも関わらずちゃんとコミュニケーションしている人は意外と少ない。
恋人の浮気と共に性感染症も発覚しては、信頼は何の役にも立たない。
ロマンチックではないかもしれないが、現実的な話も含めて地道に信頼関係を築くことはとても大事だ。