どうせなら褒めるセックスをしよう

LGBTのためのコミュニティサイト「2CHOPO」の記事をAMでご紹介させて頂けることになりました!
今回は、キャシーさんの「セックス・アンド・ザ・キャシー」の記事です。

LGBT ゲイ キャシー カナダ トロント 2CHOPO 恋愛
キャシー


「セックスって二種類あるよね」

 少し恥ずかしく思うかもしれないが、セックスの最中はできるだけお互いを褒めた方がいい。
褒めて、褒めて、褒めまくるくらいがちょうどいい。
最近セックスがちょっと冷めていると感じている人や、誰とやってもセックスが物足りないという人は、ぜひ騙されたと思って試してほしい。
ここまでインスタントに効果がある魔法の言葉はなかなかない。

 トロントに留学に来たばかりの頃、こんなカルチャーショックを感じた。
道端を歩いてるだけで、知らない人が通り過ぎ様に「そのジャケット、とてもクールだね!」と褒めてくれることが多くて嬉しくなった。
どうやらトロントではポジティブなことはできるだけ表に出す文化なようだ。
友達同士でも、ビジネスでも、パーティのような社交的な場でも、とりあえず相手を褒める。
「新しいヘアスタイル、めっちゃ似合ってるよ!」「いつも笑顔でステキだね!」その褒め方もかなり大げさだから、慣れないうちはいちいち照れていた。
日本でいうお世辞に近いのかと思っていたが、「気に入ったから、好きって言っただけ!」と素直に受け止めるべきだと教わった。
今では、照れるのも忘れて大げさに他の人を褒めるようになった。

 褒めるという行為はとてもパワフルだ。
自信を少しなくしている日も、さりげない褒め言葉で一気に自信満々になったりする。
相手がステキだと思った時に何も言わないのはもったいない。
そこに性的な意味や友達以上の好意は必要無い。

 しかし、褒めることでどうしてセックスはより良くなるのだろうか?

 セックスをする時、私たちは予想以上に自分を曝け出している。
自分に自信がある部分を見せるのはそこまで難しくないが、コンプレックスに思っている部分を共有するのは、時にすごく難しい。
相手に見せたくない部分をかばったままでは、緊張や恐怖感できっと肝心のセックスも楽しめない。
そこで、お互いを褒める。
つまり、ポジティブでオープンなコミュニケーションを心がけて、リラックスしてセックスに集中できるような関係を築くことが大切だ。
言葉には自己暗示の効果もあって、お互いをよりセクシーに感じられるだろう。