より深い快感をえるために

 TENGA SVRを使ってみて特によかった体位はこちら。

密着正常位
深めに挿入した時、しっかりとクリにSVRが当たるように調節し、細かいピストンを続けてもらいます。そうすると常に振動がクリに当たり、膣奥・Gスポット・クリの3点が大喜びします。

騎乗位・座位
騎乗位や座位は元々Gスポットを刺激しやすい体位のうえ、自分で動きをコントロールすることができるので、女性に人気の体位ですよね。
これにクリへの刺激をプラスできたらいいけど、自分でクリをいじるのはちょっと恥ずかしい。そこでSVRを装着。
騎乗位なら、自分がちょっと前傾になるだけでクリがSVRにヒットするし、座位では腰を揺らすだけでクリをSVR にぐいぐいと押し付けることができ、必ず気持ちよくなれます。
 
≪TENGA SVR≫

 勿論、挿入時だけではなく、前戯にも使うことができるんです。
いつもはテレビ画面を見ながらクリをちょっといじるだけという手抜き愛撫をしている人でも、SVR をクリに当てがうくらいなら面倒くさがらずにやってくれます。そこでいつもよりも悶える姿を見れば、「そんなに気持ちいいの?」とノッてきて、乳首を舐め始めたりするでしょう。そうなれば、こっちのもの。

【手抜き前戯と単一体位でも気持ちよくなること】が、手抜き前戯・単一体位から抜け出す方法になることもあるんですよ。
セックスの頻度が落ちる前にSVRでマンネリを脱出しましょう!

≪TENGA SVR -BLACK-≫
≪TENGA SVR -CARMINE-≫
≪TENGA SVR -PEARL WHITE- ≫
Text/Betsy

前後の連載記事