ヤリチンの種類

ファー:ヤリチンって3種類いると思うんです。
まずは、サイコパス系、捕食者ですよ。「お前の気持ちなんて知ったこっちゃない、穴だ」っていう。
2つ目はメンヘラ系。男メンヘラが自分を受け入れて欲しくて、色んな女の子に「やっぱ違う、やっぱ違う」っていくのがメンヘラ系ヤリチン。わかります、これ?

一同:(深く頷く)

ファー: 3つ目が、早いサイクルで恋愛を回したいヤリチン。ただの恋愛を、いい女の子と早いサイクルで回したい…俺自身はこのタイプだと思っています。

アル:それは詭弁だと思います。
だって本気で恋愛したいと思ってたら、100人斬りとかできないよね?本当にちゃんと恋愛をしようと思って、100人とかとセックスするっていうのはウソでしょ。

ファー:そういう意味でいうと、俺は周りのヤリチンよりも人数いってないんですよ。
例えばナンパしてカラオケに連れだして、一日二即(即日セックス)とかしないと、何百人の経験人数とか普通に考えて無理じゃないですか?それは完全に恋愛じゃない。
相手がどんな娘かをちゃんと見るようにしてきたから、俺は恋愛ベースでサイクルをまわして来たと思うし、そもそも普通の人とヤリチンの中間にいる人間なのかなと思っています。

アル:ちゃんと正直に答えて下さいね?「付き合いたい子」と「やるだけの子」は分けてるでしょ?

ファー:…ちゃんと正直に答えると、ぶっちゃけ分けてますよね(笑)

アル:それを詭弁と言ってるんです(笑)

ファー:すいません(笑)

騙すヤリチン、騙さないヤリチン

アル:騙さないヤリチン、「セックスだけだよ」とコンセンサスをとるヤリチンはいいんです。
でも、騙すヤリチンが多いでしょ?本気で好きで付き合う気があるとか、結婚を匂わせるとか、嘘をつくヤリチン。

 そういう男は経験人数の少なそうな女子をあえて狙ったりする。
というのも、そこそこ遊んでいる女子は「口だけだ」とわかってるから。でも経験が少なくてオクテな女子は本気にするし、赤子の手をひねるように引っかかって、結局傷ついてしまう。

 それは本当に詐欺だと思うので、「自己責任だろう」と言われても「いや、騙してるだろ」と言いたくなる。「騙される方が悪い」というのは成り立たないなって。

ファー:アルさんって怖いくらい男の心境を分かってると思います。
実際に赤子の手をひねるような気持ちでやってたこともありました、おぼこい子を。これ、多分一番ムカつく言葉なんですけど「あの女ちょろかった」的に。

アル:そんなこと言う奴は灯油かけて燃やしてやる。

一同:(笑)

アル:それで「自己責任だろ」「騙される方が悪い」と開き直るのかね?

ファー:戦況が苦しくなってきた!(笑)
騙された方が悪いとは思ってなくて、騙した方が絶対に悪いとわかってますけど…ちょっと整理させてくださいね。

アル:脳みそチンポなんだろう?

ファー:ちょっと黙っててもらえますか!(笑)

一同:(笑)

ファー:まあたしかに、やろうとする時は脳みそチンポですけどね。それしかない。

アル:それでやった後、賢者に戻ってポイントが減るってか?ふっざけんな(笑)

ファー:対談は人様に嫌われたくないっていうのが出ちゃうとダメですね。ファーレンハイトをちゃんと全うしないと(キリッ)

アル:本音でいきましょう(にっこり)

前後の連載記事