なぜヤリチンは誇らしげに語るのか?

ファー:アルさんは騙すヤリチンに傷つく女子が可哀想なのか、女をモノ扱いする男がムカつくのか、どっちなんですか?

アル:どっちもです。
あと、それを誇らしげに語る意味がわからない。「何人とやった」とか「読モやCAとやった」とか自慢するヤリチンが多いでしょ?
若い美人とどれだけやるかっていう、女を「記号」でしか見てない男。モノ扱いしてるから平気でヤリ捨てるっていう。
与沢翼もインタビューで「真剣に付き合いたいフリをすれば女は落ちる、これが俺のモテテク!」とか語ってたけど、なぜドヤ顔なのか。

ファー:でも、女の子だって男を記号で見てるじゃないですか?ステータスを持っている男が好きじゃないですか。

アル:人によるけどね。

ファー:人によりますけど、小金持ってる男がちょっと雰囲気の良い高い店で美味しい食事とお酒で釣ったら、落ちる女子っているじゃないですか?
それなのに「私、騙された」っていうのは、違うんじゃないの?見る目がないんじゃないの?って思っちゃう。

アル:それは「騙される女が悪い、バカだ」って理屈になるよね?

ファー:正直、その通りです。そういうのに釣られる娘には同情できない。

アル:オレオレ詐欺でいうと「これだけ報道されてるのになぜ騙される?」とは思うよ。でも騙される方が悪いかというと、絶対に騙す方が悪い。
ヤリチンは人を騙すことに罪悪感はないのかな?

ファー:罪悪感のないヤリチンもいるでしょうけど、俺とか身のまわりのヤリチンは罪悪感ある人ばっかですよ。

アル:また詭弁を…(笑)

ファー:詭弁じゃないですって(笑)それは後ほどちゃんとお話します!

前後の連載記事