• sex
  • 2017.11.02

セフレになりたい人とワンナイトで終わらせない方法ありますか?

この人とまたセックスしたいな、とおかわりを希望するも何故かワンナイトで終わりがち…でお困りのあなた。今回はBetsyさんが男性方におかわりされないその理由をたずねる直撃アンケートしました。無限おかわりのわんこそばセフレ、見つけたいですね。

待ってる間にイイ男が通り過ぎます!

バーカウンターに横になってコチラを誘うセクシー美人のサムネイル画像
by Pixabay

 ”おともだち(セフレ)”シリーズが続いていますが、そんな話を友人としているときに出てきた質問があります。
「”おともだち”以前に、ワンナイトで終わることも多いんだけど何で?自分からおかわりを迫らない方がいいのかな?」

 自分からおかわり(また会ってセックスすること)を迫るのはよくないとか待った方がいいとか、そんなめんどくさい駆け引きしなくていいじゃないですか、と私は思います。
またセックスしたいと思ったら、向こうからの連絡を待たなくても「あそぼ♡」って連絡したらよくないですか?それで会ってくれなかったら次に行けばよくないですか?
できれば相手から求められてセックスしたいという気持ちもわからなくもないけど、ソワソワしながら誘われるのを待っている間に、イイ男が目の前を何人通り過ぎるかわかりませんよ。またヤリたいと思ったら即座にアポをとるなりまた会いたいとアピールするなりして、何度も何度もおかわりして良い”おともだち”になったらいいと思います。

ワンナイトで終わってしまう理由は?

 続いて、おかわりのないセックス、ワンナイトラブで終わってしまう現象についてですが、「一度セックスしたのにそれ以降誘われない」、「こちらから誘ってもあまり乗り気ではない様子…」そんなこともよく聞く話ですよね。
私もなんとなく二度目のセックスの誘いをかわされたこともあるし、こちらから連絡を絶って逃げたことも何度かあるのでなんとなく理由はわかりますが、男性はどんな時に「次は無いな…」と思うのか、ワンナイト経験とセフレ経験のあるメンズたちに緊急アンケートをとって聞いてみました。

・生理的に受け付けない匂いだった
・陰毛がジャングルなことに萎えた
・無毛には興奮できなかった
・ビッチかと思ったら本マグロだった
・最中の演技が過剰だった

 ニオイのケアは最低限のマナーだからわからないこともないです。しかし陰毛くらいで萎える萎えないってひどいですよね(笑)。そんな人は放っておいてVIOびっしりのジャングルでもツルツル無毛でも興奮できる大物を探しましょうよ。本マグロだったのも、過剰な演技だったのも、気持ちよくしてあげられなかった側にも問題があるかもしれません。

 具体例は色々と挙がりましたが、話をよく聞いていると本当にもう二度とヤリたくないような強烈な理由なんてほんの数例だけで、おかわりセックスしない理由は、「もうヤリたくないから」です。私もよく思い返すと、ワンナイトで終わらせた時って、別に大した理由はないけど、何となくもうヤリたくないかなっていう程度だったんですよね。その程度なので、ワンナイトで終わってしまった理由なんて考える必要はありません。その人は諦めて次に行きましょう。

「また会いたい」と思われる理由は?

 ついでに、「また会いたい」と思う時についてもアンケートをとりましたが、

・セックスの相性がいいと感じた
・無理せずに楽しめる、安心のセックスだった
・清楚かと思ったらビッチでギャップ萌えした
・最中の反応が良かった
・可も無く不可もなく、良い意味で普通だった

 ほぼ具体例は無く、ふわっとしたものばかりです。これでは対策もできないと思うので、アンケート結果を活かして次回に続ける手を考えるとすると、【相手の好みに寄せる】という方法があります。セックスに至るまでの会話やリードの仕方など、何に反応してくるかを見て、相手のツボを見つけるんです。それに合わせてエロい女のように振る舞ったり、ドMになりきったり、至れり尽くせりのフルサービスのセックスをして、相手の攻撃には適度な演出を加えて反応します。

 ただ…・・・ここまでしてセックスしたい相手ですか?(笑)相手を喜ばせることに徹してまで引き留める価値はありますか?また足を使って探せば、お互いの性の好みが合致する人がいますって。

 物凄く好みのタイプに近い人や、挿入するだけで昇天しそうな名刀の持ち主だったら、もっとセックスしたかったと惜しくなりますが、良かったセックスの記憶はオナニーのネタとして一生使えますので、次、行きましょう!

Text/Betsy

次回は<挿入すると外側が感じずイケない!?中イキ難しい問題の解決方法>です。
今回は読者さんの質問にお答えしています!自分の感じ方は変なのかもと悩んでしまうこともありますが、一人一人の体やコンディションによって何が気持ちいいかは違います。今回は「挿入するとクリが気持ちよくない」という問題です。Betsyさんが、読者さんそれぞれの状況に合わせた解決策を提案します!

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。
今月の特集

AMのこぼれ話