輝くクリには輝くカリがぴったり!オナニーで磨かれる女の色気と男のレベル


【る】瑠璃も玻璃も照らせば光る


菊池美佳子 セックス 犬棒カルタに学ぶセックスライフハック フェラ オナニー
by mislav-m

 今週のことわざは、初めて聞く人が多いかもしれません。筆者も、勉強不足でお恥ずかしいのですが、今回初めて知りました。「瑠璃(るり)も玻璃(はり)も照らせば光る」
「犬も歩けば棒に当たる」とか、「花より団子」とは明らかに違うノリですよね。ですが本文は、いつもと同じノリです。よろしくお付き合いくださいませ。

 まずは、基本の意味からおさえていきましょう。おっと、その前に。「瑠璃(るり)」とか「玻璃(はり)」とか何? ってカンジですよね。
カタカナに直すと頷く人も多いはず、「瑠璃(るり)」とはラピスラズリのことです。濃い青色の石ですね。そして「玻璃(はり)」は水晶のこと。両方とも、我々女性が大好きなパワーストーンとして有名ですね。
余談になりますが、ラピスラズリは強運を招き、水晶は浄化の力を持つと言われています。

 単語の意味が把握できたところで、ことわざとしての意味をご紹介します。
瑠璃(るり)も玻璃(はり)も、光を照らすことによって美しく輝くように、優れた素質を持つ人物は、活躍する場を与えられることで、真価を発揮しますよ……という意味です。美しいことわざですね。

 AM流にアレンジすると「カリもクリも照らせば光る」となります。
カリやクリの説明は不要ですね。と思ったのですが、先日女友達と談笑している際に、筆者が発した「スカルファック」という言葉の意味が通じず、「嗚呼、自分が当たり前のように使っている言葉が、他者に伝わるとは限らないのだなぁ」と反省しましたので、ここではきっちり解説させて頂きましょう!

 カリとは、ペニス先端のエラが張った部分のことです。別名・亀頭冠(きとうかん)。「冠」という響きがピッタリな、とっても素敵な部位です。
そしてクリとは、ヴァギナ上部に位置する性感帯・クリトリスを指します。これまた、とっても素敵な部位です。

 素敵な部位ですが、光で照らさなければ宝の持ち腐れとなります。カリもクリも、優れた素質を持っているのに、活躍する場がなければ輝くことができないのです。
カリやクリが活躍する場といったら、手近なところでは、なんといってもオナニー! オナニーをして、クリを輝かせましょう。