「リアル男性器も波型ならよかったのに…」iroha初挿入型バイブを初体験!

私はirohaのYUKIDARUMA(ゆきだるま)を愛用しており「これはいいモノだ…!」と著書等でも推薦してきました。 が、「もっと中まで挿入できるタイプならよかったのに」という不満もあった。 …そんなわけで待ってましたよ、TENGAさん!!

 ついに登場した、TENGAの女性向けアダルトグッズirohaの挿入型バイブ!iroha FIT!!
 超ハイセンスなデザインがすでに大変な話題になっています。
今回は、アルテイシアさんに使用レポとともにオナニーの効果をお届けいただきます。

セックス至上主義だと三軍パンツの日に会う危険性が…

irohaFIT TENGA アルテイシア AM オナニー アダルトグッズ
Pixabay

 恋愛SEXコラムニストのアルテイシアです。

 先日『anan』のセックス特集のアンケートを見たところ
<オナニー経験のある女性は95%>
<指を使う派とラブグッズを使う派がほぼ同数>

という結果でした。

 いまやオナニーはして当然で、ラブグッズも市民権を得ているのですね。

 かくいう私も日常的にオナニーをおこなう者。

 オナニーは自身の体のコントロールにつながります。
たとえば排卵日など、ムラムラする日はさっとオナニーすることで、日常の業務に集中できる。

 一方、女友達の1人はいまやマイノリティといえる「オナニーしない派」。

 彼女に「ムラムラしたらどうするの?」と聞くと「彼氏やセフレにアポをとる」とおっしゃる。

「いちいち面倒くさすぎるだろう」と言うと
「面倒くさいよ。わざわざデートするのも手間だし、相手とスケジュールが合うとは限らないし」。

 それに急きょアポがとれた日に、エースで4番パンツを履いているとは限らない。
彼女いわく「ヨレヨレの三軍パンツの日に会うことになり、会社でパンツを脱いでノーパンでデートした」

 そんなの階段でマンチラしたらどうするの?と他人事ながらハラハラ。
いろんな手間とリスクを鑑みても、オナニーの導入を提案したいところ。

 もちろん、オナニーは性欲解消のためだけにするものではありません。

 在宅で働く私は、仕事中の気分転換に活用しています。
「なんか眠くなってきたな~」という時、昼寝のかわりにオナニーすると、オーガズムでメガシャキ効果を得られます。

 同じく在宅で働く友人は「コーヒーブレイク感覚でオナニーブレイクしてるよ♪」と言います。
このように、オナニーはリフレッシュにも効果的。

中イキするには挿入オナニーが一番効果的!

「オナニーの目的は?」という調査を見ると「リラックスするため」「ぐっすり眠るため」という回答が多数でした。

 オナニーはストレス解消にも効果的。

 何かとストレスの多い現代社会、「くっそーあいつ殴ったる!」ってな気分になることもしょっちゅう。
オナニーする前は「このバイブで殴ったろか!」とプンスカしていたのが、終了後はアラ不思議。
「ま、殴らんでもええか」と心が穏やかになっている。

 実際、オーガズムの瞬間には「オキシトシン」という安らぎや幸福感を感じるホルモンが分泌されるそう。

 オナニーは性感帯の開発にも役立ちます。

 女性の体は、イケばイクほどイキやすくなる仕組み。
ゆえに「オナニーでイケよ国民!」と啓蒙する私ですが、ananのアンケートによると、約9割の女性がクリオナニー派なんだとか。

 オーガズムに関する調査をみても、クリでイク女性が多数派で、「中イキしてみたいけど未体験」という意見が多い。

   膣はクリに比べて鈍感で、快感を得るには開発が必要。
中イキ派が少ないのは、挿入オナニーをしないからかもしれません。

 挿入オナニーをしない理由として、爪問題があると思われる。

 膣内に指を挿入するには、爪を短く切らなければならない。
しかし爪は、鼻くそをほじるにも鼻毛を抜くにも便利。
短く切ってしまったら、甘栗だってむけません。

「中イキのために膣開発したいけど、爪が…甘栗が…」という女性には、ラブグッズの使用をおすすめします。 

挿入オナニーデビューにうってつけなのが、 iroha FIT