• sex
  • 2017.06.03

仲直り後と別れ際のセックスってきっと同じくらい気持ちいいと思う

人妻AVの背徳感、生々しさ、艶やかさ、たまりませんよね。今回は姫乃さんが「無理やり」犯されちゃう人妻のAVをご紹介。でも、ストーリーが進むにつれて、やられているのかやらせているのか…。欲求不満の人妻たち、エロエロです!!

結婚指輪をしたカップルの手の写真

 今年も暑くなってまいりました。人妻も汗ばむ夏の気配がします……よくわかりませんが。
今週、東京では何度かゲリラ豪雨があって、雷もよく鳴っていましたし、昨日は暴力的に強く風が吹いていました。地球温暖化のせいで天気がぐちゃぐちゃに、なんて言いますけど、それって熟女ブームの時の人妻と若妻と熟女の区分けされていなさと、どっちがぐちゃぐちゃなんでしょう。熟女特集の本を買ったはずが、中は若妻……なんてことが一時期あったような。というわけで、暑さでぼんやりとした導入のまま、人妻AVをお届けします。

誠実な夫がいるのに……脱獄犯を匿って犯される人妻

 熟女AV女優の加納綾子さんが好きなのですが、以前ツイッターに、「性欲が溜まりすぎてて、襲われた時に嫌がる演技がうまくできなかった」というようなことを書かれていて、最高だなあと思ったものです。
そして、『私を襲った逃げ場無き凌辱の日々…。 大島優香』大島優香さんからは、かなり同じ匂いを感じましたよ……!

誠実で働き者の夫と結婚生活を送っている妻・優香のもとに、縁もゆかりもない脱獄犯の男が急に押し入って来るとんでもないストーリーですが、「俺、もうひとり殺してもあんま変わんねえんだよ」という脅し文句が過去最強です。

 当然、優香さんは怯えて拒否するのですが、まず無理やり脱がされて露わになった下着がエロい。見た目は清楚で夫一筋の奥さんって感じなのに、パンツがパープルのサテン生地で、なんだか黒い紐まで付いています。なんだそのセクシーさは……。
そして何より、嫌がる演技をしている大島優香さん本人のエロさが滲み出てしまっていて、セックスしたい欲をひしひしと感じます。最高です。(随分とスムーズに)指をいれられた時点で、めっちゃくちゃ気持ちよさそうです。

 しかし、恐ろしいことに顔射して冷静になった脱獄犯は、「帰るとこなんかねえよ」と家から出て行かないアピールを始めました。これは旦那も蹂躙して家を支配するパターン……と思って見ていたら、普通に見つからないように台所に隠れていました。ちょっと可愛い。

 翌朝、警察が聞き込みをしに来ても、なぜか一言も喋らない奥さん。警察との会話を聞いていた脱獄犯は、家に戻ってきた奥さんを褒めながら、玄関先で強引にフェラチオさせます。射精してもまたすぐに台所でセックス。何がいいって、奥さんからこの脱獄犯が特別に好きという感じがあまりしなくて、なんでもいいからセックスしたい雰囲気が優香さんから滲み出ているところです。

 夫婦のベッドルームに流れ込んでセックスしていても、なんかもう全然夫への罪悪感みたいなものがないんです。すごい普通にめちゃくちゃ気持ちよさそう(脱獄犯よりもむしろ奥さんが)。

 脱獄犯を匿ってしまえるくらいの広い家に住めるように、旦那さんが日々マジメに働いているという設定だけが背徳的です。
脱獄犯と奥さんがもう匿えないとお互いに覚悟をして、最後に和室でするセックスシーンなんて、すごく情熱的です。仲直りした後のセックスと、別れ際のセックスって同じくらい気持ちいいんでしょうね。
これでもう会うこともない、別れのセックス

 会社の面接で言い淀んでいるきれいな奥さん。『人妻就職活動~恥辱のセクハラ面接~ 成宮いろは』では、給料が半減してしまった夫を支えるために、妻のいろはが再就職に向けて面接を受けています。

 以前は化粧品会社でマーケティングに携わっていて、就職に自信もあったいろはさんですが、不況のせいか想像以上にどこの面接も通りません。
日中は女子大生のように就職活動をしながら、家ではきちんと家事もしているのに、夫を想って愚痴ひとつこぼさない姿が甲斐甲斐しいです。あとリクルートスーツがエロい……エロいんです……。

 彼女はある日、セクハラまがいの圧迫面接を受けてしまいます。
「スカートだって短いし、ワイシャツもブラジャーが透けてるじゃないか」

 それはたしかにセクハラでしたが、たしかにスカートも短いしブラジャーも透けています。髪は前髪まできれいにまとめられていて、メイクも就活に適した清楚なものなのに、なぜか、なぜか体だけエロエロなのです(エロエロって人生で初めて言いました)。

 一度は逃げるようにして退室したいろはさんですが、その後、あまりの働き口のなさに落ち込んでいるところへ例の会社から連絡があり、悩んだ末、再び会社を訪れると、採用をちらつかせてセックスに持ち込まれてしまいました。

 しかし、責められている時のいろはさんの艶っぽいこと。やられているように見せかけて、実際はやらせている感じがたまりません。リクルートスーツもエロいのですが、服を脱ぐとさらに肌がきれいで、体はすぐに潮を吹いてしまうくらい敏感です。

 人事の男性とホテルに移動してから、夫には「会社の人と食事に行く」と嘘の電話をします。「私ほんとにこの会社でいいのか悩んでるの。やりたくないことやってお金もらってもしょうがないんじゃないかな」と話す彼女に、「仕事ってそういうもんだろ」と、つい声を荒げる夫。それはそうなんですけど、まさか中小企業の営業じゃなくて、人事とセックスすることになっているとは思いもしません。

 さて、ここまでを文章にしてみると、やや現実感があってモヤモヤするストーリーなのですが、だんだん人事から、「僕は社内に採用を推したんですけど、魅力が伝わらなくて不採用になっちゃったので、オナニーの動画送ってください!」と、サイコパスな電話がかかってきたり、素直に従って台所で撮影したオナニー動画を送信したり、そんな動画で採用されても初日の出勤とかどうするのよって思いながら見ていたら、案の定、初日に挨拶をした時点で乱交になってしまったりと、AV的な超ご都合主義で展開されていって愉快です。一体なんの会社なんだ。みんな働いてくれ。

 最終的に奥さんも会社での勤務(というか情事)を楽しみにし始めるのですが、不況とか、圧迫面接とか、リベンジポルノの可能性とか、ありとあらゆる複雑で重大な現実の問題が、AVの中だとエロの力で丸く収まっていて平和だなと思います。
やられてる?やらせてる?

Text/姫乃たま

次回は<もしとびっきり可愛くてエロい水泳部の先生が体格のいい男子生徒と付き合っていたら…>です。
真夏日も多くなり、プールの涼しさが待ち遠しい今日この頃。姫乃たまさんがAM読者のみなさんに今回おすすめするのは、教師×水着!脇役の演技が気になる『女教師狩り あいの美羽』と、突っ込みどころ満載で楽しい『ハイレグ奴隷女教師 篠田あゆみ』の2作。水泳の授業の記憶がよみがえるような、よみがえらないような……。

ライタープロフィール

姫乃たま(ひめの たま)
地下アイドル/ライター
今月の特集

AMのこぼれ話