峰なゆか×ベッツィー女子のためのセックス対談/なぜ女性誌のセックス特集は平均値を毎回出すのか(前編)

『アラサーちゃん 無修正』の峰なゆかさんとAMでのコラムが大人気のベッツィーさんお二人の特別セックス対談をご紹介します!経験だけに頼らない深いセックス知識を持つBetsyさんが情報収集をするのは、実は海外のファッション雑誌!?「中間がない」日本のカルチャー雑誌におけるセックス特集の意義まで考えます。

『アラサーちゃん 無修正』の峰なゆかさんとAMでのコラムが大人気のベッツィーさんお二人の特別セックス対談をご紹介します!
 お二人の語る女性のためのセックス話は本当に勉強になります…!

峰さんが楽しみにするほどのベッツィーセックスコラム
「男がイキそうなときは玉をひっぱる」

峰なゆか ベッツィー 対談 セックス
(左)峰なゆかさん(右)ベッツィーさん

峰なゆかさん(以下敬称略):ベッツィーさんがAMで連載してるコラム、たのしみにしてるんですよー!

ベッツィーさん(以下敬称略):セックス初心者の女性の参考になればいいなって思って書いてます。

峰:私いちおうセックスのプロなはずなんですけど、それでも新しい発見が多いですよ。
最近書いてた「男がイキそうなときは玉を下にひっぱると少し長持ちする」とか、なるほどって思いました。

ベッツィー:ぎゅってひっぱっちゃうとかわいそうなんで、袋の中の玉をちょっと下に押す感じですけどね。

峰:でもそういう知識はどこで身につけてきたんですか?

ベッツィー:性的な知識を本とかネットで調べるのが昔からすごい好きだったんですよ。
中学生のときから図書館で性の歴史の本とか読んでて、パソコンが手に入ったらAVを見たり海外の下ネタサイトを見たりして。

峰:海外のサイトまでチェックしてるんですか。

ベッツィー:日本ってけっこう情報が少なくて。数年前までネットで読めるのなんて男の人が書いた怪しいハウツーセックスとかしかなかったんですよ。
でも海外の女性向けファッション誌って毎号内容の三分の一くらいセックス記事だったりするんですよ。

峰:マジで!? ファッション誌なのに!?

ベッツィー:「blow job」でサイト内検索するとフェラテク記事だけで何十個もでてきて、内容も充実してるんですよ。そういうのを読みあさったりしてて。

日本の女性向けセックス特集は半分が読者の平均値… みんな読み飽きません?

峰:でも日本の雑誌もセックス特集あるじゃないですか。内容違います?

ベッツィー:日本の女性誌のセックス特集ってページの半分くらいは読者の平均値を出してるじゃないですか。

峰:なんか知らないけど毎回平均値でてますよね。「一回の時間はどれくらい?」とか。

ベッツィー:「週に何回してる?」とか。そんなの毎回読んでもつまんないし、残り半分のテクニック指南でも目新しい情報ってなにもないし、10年前と載ってること同じですよね。
みんな読み飽きないのかな。

峰:でもセックス特集ってすっごい売れるんですよね。ananとかってセックス特集の号は普段の10倍刷るっていうし。

ベッツィー:私もなんだかんだ毎年買っちゃうんですよ……。
でも毎年「上から下に順番に責めよう☆」とか「男の子がいちばん感じるのはカリ裏☆」とか同じことしか書かれてない。

峰:私は最近、まずフェラチオをするときに自分から喉の奥にちんこをぐっと押し当てるようにしてるんですよ。
そうするとすごい粘度の高い唾液が出てくるじゃないですか。
イラマ汁って呼んでるんですけど。
その粘度の高い唾液を使って手コキをするととても調子がいい、というテクをみんなに勧めています。

ベッツィー:私もそれよくやってます! あんなに楽しいこともないですよね。

峰:こんなに便利な汁が出てくるスイッチが喉の奥にあるなんて、人体はうまくできてるもんだなと思いますね。

ベッツィー:セックスの前にコーラとかの甘い物を摂取しておくと、より粘度の高い唾液が出てくるんですよ。

峰:マジですか! すげーためになる!