やば、こんなにエロいの…?彼の興奮がMAXになる『絶頂へのルート』

オクテな彼にも、特別な日には激しく攻めてほしい。でも自分から誘うのは恥ずかしいし、がっついてると思われるのは嫌…。そんなときは男性をムラムラさせる2つのテクニックで、激しいセックスをかなえませんか?

 女性なら誰でも“攻められたい願望”を心のどこかに持っているもの。

 特にふたりの記念日や、クリスマスやバレンタインといった特別な日は、「彼から激しく求められて、むさぼるように攻められたい!」と、秘かに待ち望んでいる女性も少なくないでしょう。

 でも、あと一歩で一線を越えられるのになかなか踏み込んでくれない恋人未満の彼や、最近セックスがマンネリ気味の淡白な彼の場合、相手からの誘いをただ待っているだけでは、期待外れに終わりそう……。だからといって自分から積極的に誘うのもなんだか気が引ける。

 「特別な日の夜は、激しく求められたい!」という願望は、どうすれば叶うのでしょうか?

「俺、こんなじゃなかったのに」男の本能を呼び覚ます方法は?

 一見無謀な願いにも思える、オクテくんや淡白くんからの激しいアプローチ。でも実は、男性の本能を目覚めさせるには、たった2つのポイントを押さえるだけで、かんたんに実現できるんです!

 1つは、「香り」で嗅覚を刺激すること。 人間の五感の中で嗅覚だけは、脳の本能的な感情を司る部分と直結しています。しかも、香りは0.2秒以下の速さで脳へ伝わるため、嗅いだ瞬間、理性的にあれこれ考える余地もなく、本能的に「エッチしたい!」と求めてしまうんですね。

 実際にLCラブコスメが男性を対象に行った調査では、「香りを嗅いでエッチしたくなったことがありますか?」との質問に92%もの男性が「ある」と回答。また、「急にかわいく感じた」「なぜかドキドキした」など、89%の男性が「ただの友だちなのに、いい香りを嗅いで意識してしまったことがある」そうです。

 香りで男性本能が呼び覚まされ、アナタを女性として感じた瞬間、攻めたい衝動を抑えられず、彼のほうから激しく求めてくるかもしれません。

 でも、香りなら何でもいいわけではありません。男性の本能を刺激する「特別な香り」であることが重要!  実際に「特別な香り」を上手に使って、彼から激しく攻められた女性たちの体験談をご紹介しますね。

「デート中手も繋いでくれなかったのに、ホテルに入るなりベッドへ押し倒され「このまましたい」といわれました。こんなに積極的な彼は初めてで、彼自身も「俺、こんなんじゃなかったのに」って。香りで自分を抑えきれなくなったみたいです(笑)。なので、デートでは少し距離を置いていたとのこと。彼の意外な部分を見られてドキドキしたし、ますます好きになりました」
(ちえり☆さん/35歳/事務)

「ソファで一緒に映画を観ていたら、彼が私の首筋に顔をうずめて匂いを嗅いでいました。ベッドでは余裕なく抱きしめられ、「この香りヤバい。ずっと我慢してたけどもうムリだわ」と、いつも以上に激しく求められました! いつもは優しい彼からこんなにも求められたのは初めてで、とても嬉しかったです」
(やなみさん/31歳)

 そんな彼女たちがまとっていた「特別な香り」とは、LCラブコスメのベッド専用香水「リビドー」。

LCラブコスメのベッド専用香水リビドーロゼ

特別な香り「リビドー」

 男性が好む、清楚さと無防備さを想像させる「女性のお風呂上がりの香り」をイメージさせる優しい香りをベースに、セクシャルな気持ちに導く「イランイラン」、フェロモンを意識した香り成分「オスモフェリン」など、合計80種の香りを組み合わせています。
 
 さらに、リビドーが「特別な香り」である秘密、それはベッドに入る直前からピロートークまで、ラブタイムの盛り上がりに合わせて香りが変化すること。時間軸で計算し尽くした香りの演出をしてくれるので、男性を飽きさせず、濃厚で官能的な夜を過ごせるはずです。
 
 使い方は、デートの前なら手首や首筋に、エッチの前には内ももや胸の谷間など、男性が顔をうずめたくなる部分にシュッとひと吹きするだけ。華やかでセクシーな香りが彼の本能をダイレクトに刺激して、いますぐ抱きたい性衝動を突き動かします。
 どれぐらいセックスが盛り上がる?