• sexPR
  • 2016.12.12

「泣きながら初めてイってしまいました…」初イキを体験する『感度アップ』の方法

気持ち良くなりたい・・・と、思いながらも「カラダに自信がない」「大胆になれない」などアレコレ理由を付けては、セックスでイったフリをしてしまう女性が沢山居ることがアメリカの研究で明らかになっているのです。そこで、フリをしないで自分をもっと開放的にする方法を“こっそり”ご紹介します!

彼が「もう我慢できないから、いい…?」と

LCラブコスメ ラブグッズ リュイールホット

 今お付き合いしている8つ年上の彼が初めての彼氏で、付き合い始めて数ヶ月後の記念日に、やっとの思いで初体験をしました。
しかし、私の経験の無さから、「彼は私なんかで満足してくれているのかな…?」という不安がいつも心にありました。

 そんな時、何気なく拝見していたサイトで、このアイテムと出会いました!悩んだ末に、優しい彼のため、そして自分のために、購入を決意…!

 商品が届くと、さっそく一人で使用してみました。始めは「じんわり温かいかな?」くらいの印象でしたが、マッサージしていくと、次第に体のいたるところが敏感になり、ムズムズしてたまらなくなりました。
その時はそれ以上せず、「次に彼に会える時に使おう!」と決めました。

 そして彼と数ヶ月ぶりの再会の夜、彼がシャワーを浴びている隙にこっそり使用して、ドキドキしながら待ちました。
彼が戻ってきて、話をしながらベッドでじゃれあっていると、だんだんエッチな雰囲気に変わってきました。
彼の手が私の背中に触れるか触れないかのタッチで撫でると、敏感になった体はそれだけでびくんっと反応してしまいました。

 そんな反応する私に気を良くしたのか、彼はいつもよりも激しいキスをしながら私の服をゆっくり脱がせ、胸やお尻を愛撫。すでにトロトロにとろけていた私は、気持ち良くて腰をくねらせて感じていました。

 そのうち彼はショーツを脱がせて、私をうつ伏せに…。背中やお尻を愛撫しながら、後ろから指でクリトリスに触れてきました。その瞬間、くちゅっ…という恥ずかしい音が聞こえて、私は恥ずかしさのあまり、『恥ずかしいから見ないで…』と訴えました。
すると彼は『なぜ?すごく可愛い…もうこんなになってるよ?』と興奮した様子で激しくクリトリスをこすりあげてきました。私は気持ちよすぎていつもは我慢している声もたくさんでてしまい、泣きながら初めてイッてしまいました。

 私が初めてイッたことがよほど嬉しかったのか、彼は『イッちゃった?』『気持ちよかった…?』と耳のすぐそばで何度も聞いてきました。恥ずかしくて答えずにいると、準備を終えた彼が『もう我慢できないから、いい…?』と私を仰向けに…。
私も早くひとつになりたかったので、『うん…』と答えました。彼はすぐに私の中に入ってきて、苦しそうに息を吐きながら動きだしました。いつもなら経験の浅い私を気遣ってゆっくり、優しく愛してくれる彼ですが、その時は違いました。
最初から激しく突いてきて、あまりの激しさにもっとゆっくり、と訴えても、『ごめん、無理…っ』と激しさは増し…彼はうめき声をもらしながら果ててしまいました。

 行為が終わってしばらくしても、私はあまりの快感にぼー…っとしていました。
すると彼が私を抱き寄せながらチュッとキスをして、『すごく幸せ…愛してる』と言ってくれました。その言葉を聞いて私は涙が止まらなくなり、初めて私からキスのお返しをしました。

(tomoさん / 23歳 / 栄養士)

 こちらの体験談は、LCラブコスメユーザー「tomoさん(23歳/栄養士)」が、実際にあるアイテムを使用した時のエピソード

 まるで全身が性感帯になったかのように、彼の愛撫にすべて敏感に感じてしまい、ついに“初イキ”も体験。しかも、そんなtomoさんの感じる姿に、普段は優しい彼も理性を忘れて激しく求めてきたといいます。

彼は最初から激しく突いてきて…

男性の98%は「感じやすい女性」が好き!?

 あなたはエッチで、毎回イッた姿を彼に見せられていますか?オーガズムを感じることができないエッチが続いてしまうと、彼に申し訳なく、感じているふりなど演技をしてしまうことも。

 実際にアメリカの研究者ヒューゴ・マイアロン氏が16,000人の男女を対象にオーガズムを研究した調査結果によると、「エッチでイッたふりをしたことがある」と答えた女性は76%にものぼるそう。これほど演技してしまう女性が多いのは、男性が「感じやすい女性の方が好き」という表れなのかもしれません。

 それを裏付けるように、LCラブコスメが男性に「感じやすい女性は好きですか?」とのアンケート調査をおこなったところ、なんと98%が「はい」と回答。ほとんどの男性が自分とのエッチに感じてくれる女性を求めていて、彼女がイク姿に嬉しさや相性のよさを感じているようです。

 しかし、女性は「一生懸命してくれる彼に申し訳ないから」「自分だけイケず、気まずいから」など、彼を傷付けたくないという優しさから演技を続けてしまい、いつまでも改善できずにひとりで悩み続けることになってしまうようです。なかには「イッたふりは優しい嘘」なんて完全にあきらめモードの人も。

 彼と愛を確かめ合う瞬間なのに、演技ばかりして本当の気持ちよさを感じられないのはつらいもの。彼と一緒に心の底から気持ちいいと感じ、彼と一緒にイッてみたいと思いませんか?もし、tomoさんのように敏感に感じる身体になれたら、もっと情熱的に求めあえるラブタイムを迎えられるかもしれません。

感じやすくなる方法とは?

「奥まで熱い。ヌレヌレでいやらしい音」と激しく…

LCラブコスメ ラブグッズ リュイールホット
『ラブコスメ・リュイール・ホット』

 tomoさんが感度を高め、愛情あふれたエッチを体験できたアイテムは、LCラブコスメの『ラブコスメ・リュイール・ホット』。女性の一番敏感な部分に塗り込んでマッサージするだけで、ジワジワと心地よい温かさが生まれ、ジンジン感じて熱い潤いがあふれ出すような感覚を得ることができるベッド専用コスメです。

 ラテン語で“媚薬”という意味を持ち、気持ちを高ぶらせる「ダミアナ葉エキス」というセクシャルなハーブとともに、女性の健康をサポートするといわれる「ワイルドヤム」や、江戸時代に化粧水として使われていた「ヘチマエキス」などの成分を配合しているから、自然な潤いを与えるとともに、不安や緊張も解きほぐしてより感じるカラダへと導いてくれます。潤い不足や性交時の痛みといった女性特有の悩みも解消してくれますよ。

 実際に『リュイール・ホット』を使用した女性の92%が「彼と満足いくエッチができた」と回答していて、月間3,000個の売り上げを誇るほどの人気です。tomoさん以外にも、トロけるような熱い体験をした使用者はこんなことを語っています。

ゆみちゃんさん(22歳/会社員)
 気持ちよさを感じても潤いが続かず、指を入れることもできないくらい挿入にとても痛みを感じていたので「リュイール・ホット」を購入しました。エッチの時彼に塗ってもらうと、経験したことがないほどの潤いが持続し、彼を受け入れても痛みが気にならなかったんです。

 彼のモノの形を感じることもできたので締め付けると、普段は時間のかかる彼もあっという間にイッてしまいました。私も大胆になれたことで、一番感じるところを伝えられたり、過去にないほど長くクンニをしてもらえたり、心も体も満たされるエッチができました。

hikaruさん(39歳/派遣)
 昔から濡れづらい体質の上、苦手意識もあって、エッチの時もアソコは砂漠のようにカラッカラ。申し訳なさと不快感をなんとかしたかったのですが、ローションは乾いたときのツッパリ感があまり好きではないので、「リュイール・ホット」を試してみることに。

 いざそのとき彼に塗ってもらおうとお願いしたのですが、「伸びがいいから少量でね」と言ったことで「自分でしちゃったの?」「俺に触れられているところ思い出しながらしたの?」と、言葉攻めをされることに。さらにマッサージを続けると、自分でもわかるくらいいちばん敏感なところが大きくなって、「腰までふって…やらしい身体だね」と彼に言われるまで腰を振っていることに気づかないほど、気持ちよさに浸っていました。

 彼が入ってくるときも、痛みもなくすんなりと迎え入れることができ、「奥まで熱い…。ヌレヌレでいやらしい音」と激しく奥まで突いてくれました。今まで不快感に悩んでいたのが嘘のように、私もすぐにイッてしまいました。

ちょこさん(18歳/学生)
 最近彼とするときイケないことに悩んでいたので、使ってみることにしました。ドライブ中触られることがあるので、朝、彼と会う前にヌリヌリ。ドライブの休憩で彼に触られたのですが、「すごく濡れてるじゃん。したいの?」と、そのままホテルへ。部屋に入るなり押し倒されて、私のアソコを「これどーしたの?すごいことになってるよ」と、音を出しながら触られました。

 彼もいつもより興奮していたらしく、たくさん触って舐めてくれました。するとだんだん頭の中がおかしくなって、「だめーっ」って言いながら何回もイッてしまいました。彼とはなかなかイケなかったのに、すぐにイケちゃってビックリしました!

 塗ってマッサージするだけで自然な潤いを呼び起こすから、思いっきり感じるカラダを手に入れられるんですね。「本気でイッた姿を彼に見せたい!」「彼と一緒に中でオーガズムを感じたい!」「何度もイカされてみたい!」と、いつものエッチに物足りなさを感じているなら、ラブタイム直前に『ラブコスメ リュイールホット』を塗って、自分のカラダの反応に任せてみましょう。

 演技の必要のない感度の良いカラダを手に入れられれば、いつもとはひと味もふた味も違うラブタイムを迎えられるはず。そして、彼とひとつに繋がったまま一緒にイクことができれば、二人の絆はさらに深まりそうです。

思いっきり感じるカラダへ

通販でしか買えないラブコスメを手に取って見られるチャンス!

 そんなラブグッズを販売するLCラブコスメは、女性が運営している女性のためのセクシャルヘルスケアのブランド。女性の恋のお守りアイテムが充実していて、誰にも言えずに悩んでいるお悩みをこっそりケアしてくれます。 「ラブコスメ」で検索すれば、きっと気になっている商品が見つかるはずです。

 なお、2016年12月1日(木)から28日(水)まで、LCラブコスメが、渋谷、自由が丘、あざみ野、北千住、なんばのランキンランキン5店舗に登場!「LCジャムウ・ハーバルソープ」や「ベッド専用香水」などのラブコスメが手にとってみられます。インターネット通販では一歩が踏み出せなかった方も、ぜひこの機会に店頭で実物を見て楽しんでくださいね。

リュイール・ホット
今月の特集

AMのこぼれ話