素敵ビッチのたのしい性活

騎乗位もシックスナインもぎこちない…セックスのテクがない女子のサバイバル術

テクニックが足りないからセックスに集中できない、自信が持てない、気持ちいいと思えない…そんな心配性な女子も安心してもらえるような、パートナーとのセックスを楽しむために過剰なほどのセックス技巧は必要ない!というお話です。相手に気持ちよくなってほしい思いは彼もあなたも同じ。なら、思いっきり楽しみませんか?

「彼を喜ばせるテクニック」なんて…

素敵ビッチのたのしい性活テクニシャンじゃなくてもいい

 先週は、「私がセックスに集中できなかったのはアへ顔が恥ずかしかったから。だけど、恥ずかしさを一度受け入れて、うっかり変顔を晒してみたら恥ずかしさが快感になった」という話でした。

 そして今週は、快感の邪魔をしていたもうひとつの大きな原因、セックステクニックについての話です。
私はセックスがちゃんと上手くできるようになれるかが不安で、中学生の頃、下校途中にある本屋で思い切ってセックスのハウツー本を買って毎日読んでいました(処女なのに)。その後もハウツー本を何十冊買ったかわかりません。

 この連載を読んで下さっている方の中にも、自分のセックステクニックに自信がなくて「彼を喜ばせるテクニック」というワードを見るとすぐ記事をクリックしてしまうという方は多いと思います。

 シックスナインが女子に不人気なのも「この角度じゃ裏筋が舐めにくいのに」「クリを舐められながらフェラに集中するなんて無理」と思うからだし、騎乗位が上手くできないという相談がたくさん届くのも「この動きで合ってるのか?」「どうやったら騎乗位でイカせてあげることができるのか」と気にしているからですよね。

 確かにテクニックはあって損することはないです。反応が微妙な時に「これが効かないならこっちはどうだ!」「今日は趣向を変えてココから始めようかな」と、いつでも臨機応変に対応できる自信がつきますから。
でもテクニックなんて、フェラなら【噛まない】、【常にヌルヌルにしておく】くらいでよくて、騎乗位だって、上下と前後の動きがゆっくりできればオッケーだと思うんです。

彼に舐めてもらう方法