3ステップで気持ちよくなる!クリから膣へシフトする中イキ実践法

先週に引き続き中イキについてお伝えするBetsyさんのコラム、前回は膣のメカニズムについてのご説明でしたが今週はいよいよ実践編!3ステップで具体的に気持ちよくなれる方法をお伝えします。まずはオナニーでイケることを前提とした手法、テクニックを習得したいところ。

Betsy 素敵ビッチ 女の生き方
©Lara Lima

 先週に引き続き、中イキ練習実践編です。

 とはいえ、中イキ練習はクリトリスを刺激するオナニーでイケることが前提です。クリオナニーでイケない場合はまず濡れることから!
「クリトリスでイクには週のオナニーから!エロに反応しやすい体作りのコツ」を参考にしてください。

中イキ練習の3つのコツ

 私が中イキ練習をしたのは中1の時でした。小学校を卒業する頃に、AVで学んだクリトリスでのオナニーをきっかけに、ほぼ毎日、親の目を盗んではオナニーを楽しんでいたわけです。
しかし、ある時AVを観ていて思ったんですよね。セックスのメインイベントである“出し入れ”で私も気持ちよくなれるものなんだろうか?って。

 それから、いつかセックスをする時に気持ちよくなれるようせっせと中イキ練習をしました。クリトリスに触れずに指一本だけでイクまでにどれくらいの時間がかかったかは覚えていませんが、オナニーを兼ねた練習だったので楽しく続けられました。
元々イキやすい体質ではないので、今でも時々練習を兼ねたオナニーをしているんですよ(笑)。

 さて、中イキ練習のポイントは3つあります。
 
 *指を使う
 *速く刺激しない
 *奥に入れたいと感じるまでは先に進まない


 ひとつずつ詳しくみていきましょう。
 

指を使う

 道具ではなく指を使うメリットは、膣内の温度や感触、圧力などの変化を指先で敏感に感じ取れるということです。
気持ちよくなってくると、膣内のひだがふっくらと膨らみプルプルになり、愛液は溢れ出し、温度も高くなります。もっと気持ちよくなると締まり具合も変わってくるのがわかると思います。膣から何かを押し出すように力を入れた時、吸い込むように締めていく時、指にどのように力がかかるのかも確認できます。

 中イキ練習では膣内の粘膜で指の感触を味わいながら、それと同時に指も粘膜の感触を味わい、両方の感触を同時に記憶することが大事なんです。
気持ちよくなっていく膣内の変化がわかるようになると、セックスでちんこを挿入している時に、自分の気持ちいい部分を動かしてちんこに“当てにいく”ことができ、セックスでの中イキに役立ちます。

 中で気持ちよくなるための便利なグッズはたくさんありますが、振動やスイング系グッズは中の感度が上がってから使った方が効果を感じられると思います。
※参考|「仮性包茎をリアルに再現!挿入用ラブグッズ5選!」

 とはいえ、いきなり中だけ触るのはハードルが高いので、まずはいつものようにクリオナニーをしながら指を一本だけ挿入して、膣内の変化を指先で感じてみてください。