クリトリスの気持ちイイところはほとんど内側!?ムズムズする弱めの刺激から強めてエロ体質へ

クリトリスは身体の中で最も神経が集中する繊細な器官。クリイキできるようになるために、まずはクリトリスの基礎知識を紹介します。気持ちイイ部分と好みの触り方を見つけてだんだんと刺激に慣らしていきましょう!

 前回に引き続き、クリトリスオナニーの基礎の基礎のおはなしです。

 皆さん、週4オナニー実践していますか?もちろんすぐには体の反応は変わらないと思いますが、楽しくて心地よくエロティックな時間を楽しみましょう!

クリトリスのほとんどは内部にある!

Betsy 素敵ビッチ
Paula Satijn

 前回説明した通り、官能小説やAV、妄想など、性的なものに触れることで外陰部(クリトリスや大陰唇、小陰唇)が充血して膨らみ、膣口が愛液で潤ってくるのが体のサインでしたね。

 ここでクリトリスについての豆知識。
以前にも話したことがありましたが、一般的にクリトリスと言われているものは、小陰唇・大陰唇の上端にある豆状のものですよね。実は、あの部分、クリトリス本体のほんの10分の1に過ぎないのです。残りの10分の9はその内部にあるんですよ。

Betsy 素敵ビッチ
※ハートの部分が膣口

 上端にひょろっとぶら下がっているように見えるのが、クリトリスの亀頭と竿です。そう、ちんこにそっくり!皮が被っているというところも同じですよね。
表に出ているのは亀頭の部分だけですが、興奮して充血した時に触ってみると、皮の下にある竿部分もわかると思います。
(左右に伸びた【クリトリスの脚】も立派に役割を果たしていますが、その話はまた今度)

 そして、このクリトリスの亀頭部分は、身体の中で最も神経が集中している部分だと言われています。

 ですから、男性の亀頭と一緒で、柔らかい時よりも充血して硬く膨らんだ時に一番感じやすく、乾いた指よりも潤った指で優しく触れることが大事なのです。