女向けAVは本当に売れないのか?/女AV社長による性欲解体新書

女性向けAVメーカー「シルクラボ」の社長を務める牧野江里さんのコラム記事。かつては男性しか見ないと言われていたAVを女性向けにして世に出すためには、「女にも性欲はある」という当たり前の事実を認めなおすところからがスタートでした。

「女のAV!? そんなの売れないよ!」
本当に女性向け性的コンテンツへの需要はないのか?

牧野江里 シルクラボ 女向けAV AM
©by Shan Sheehan

 こんにちは、わたくしシルクラボの牧野江里と申します。
シルクラボは、女性向けのアダルト映像を制作するメーカーでございます。

わたくしの役職はプロデューサー、ときにAV監督、だったのですが
この度シルクラボの代表取締役社長に就任いたしました…。
お陰さまでやたらと肩書きの多い胡散臭い女でございます。

 わが社のモットーはあらゆるコンテンツで「女性を癒して喜ばせる」こと。
そのためには、男性という存在を性的に消費することもやむなしでございます。
いや、むしろ女にだって性を謳歌する権利はある!と主張していきたいと考えます。
女性が性を楽しむ文化を作る!日本に女子エロ菌をばらまくテロ集団を目指しています。

「女のAV!?そんなの売れないよ!」と、私のいるAV業界では常々言い伝えられておりました。
単純に考えれば、男が観ているAVを女が観るようになればシェアは倍増。
こんなに嬉しいことはないはず。
ですが、先人たちは「女性にAVを見てもらうことは“無理”」と決めつけていました。
ちょこちょこと女性向けAVの可能性に賭けて作品をリリースしたメーカーもあったのですが、どこもイマイチうまくいかず続かない事例しかなかったからです。

 お陰で、女でありながらAV会社に新卒入社した私は「はて、ではスケベに興味津々な私はやはり少しおかしいのかしら?」とひっそり思っていたのであります。
しかし、どうにも納得がいきませんでした。

 女である自分にも、確実に、性的なコンテンツを消費していた事実が存在していたからです。
消費できるということは、そのための供給があった。
そしてそこには必ず需要がある…!