恋愛に興味は薄いが、パートナーは欲しい

アル: 「恋愛に興味は薄いけど、パートナーは欲しい」って女子は多いですよね。自分が病気になったり親の介護が必要になったりした時、支え合う存在がほしいっていう。
ただ、当然逆パターンもあるわけで…相手が病気になったり、相手の親が要介護になったり。男の方が平均寿命は短いんだから、自分が介護して看取る可能性は多いにありうる。
だから「ぼんやりと将来が不安、結婚すればこの不安を解消できるんじゃ?」と考えるのは、正しくないですよね。

AM: 頭ではわかっていても「1人は心細い、やっぱり結婚すべきなんじゃ?」と思うんじゃないでしょうか。

アル: うん、きっとそう思わない女子の方が少数派ですよね。
私も6年前、母が入院して亡くなったんです。私は母と絶縁していたけど、それでもやらなきゃいけない事が山ほどあった。
その時に夫がサポートしてくれて、「結婚しててよかった」と痛感したけど、結婚がよかったんじゃなく、相手がよかったわけです。そこで支えてくれない男だったら「結婚するんじゃなかった」と後悔しただろうし。

同時に「パートナーはべつに“夫”じゃなくてもいいな」とも思ったんですよ。
私には弟がいるけど、東京で働いてるから、現実に協力しあうのは難しかった。でも独身の叔母(母の妹)がいて、彼女と協力しあった…というか、私が頼っていました。叔母には実母の介護経験があったので。
その時に「支え合える兄弟姉妹や親せき、もしくは友達がいればOKだ」と思ったんです。べつに結婚してなくても。
それと去年、女友達がお母さんを介護の末に看取ったんですけど「本音を話せて相談できる友人たちの存在に救われた」「そして、父親は驚くほど役に立たなかった」と語ってました。

AM: まさに「夫がいればOKじゃない」という実例ですね。

アル: 特に私たちの父親世代は、言葉は悪いけど、使えないオッサンが多い。「自分はケアされる側だ」と信じて疑わない高齢男子が。
そういう意味では、若年男子の方が希望をもてると思いたいけど…マザコンでケアされて当然って男子も多いからのう。

AM: どうすればいいんでしょう…?

前後の連載記事