中絶をするなら早めの「初期中絶」

 妊娠12週未満の中絶を「初期中絶」、12週以降の中絶を「中期中絶」といいます。

【初期中絶】妊娠12週未満の中絶のこと。

*方法:子宮内の胎児などを掻きだす「掻把(そうは)法」か、吸引器具で吸い出す「吸引法」で堕胎します(どちらの方法をとるかは病院や医師によって違います)。

*入院:手術時間は10~15分と短いもので、基本的に日帰り(手術前日に子宮の入り口を広げる処置をするため入院することもあります)。ただし全身麻酔で行われるため、手術後3~5時間は安静が必要。

*費用: 約10~15万円(病院によって金額に違いがあります)

【中期中絶】妊娠12週以降~22週未満に行われる中絶のこと。

*方法:通常の出産と同じ方法「分娩法」をとります。あらかじめ子宮の入り口を広げる処置をしておき、子宮を収縮させる薬剤で人工的に陣痛を起こし、流産させます(妊娠12~14週なら初期中絶と同じ方法で中絶する病院もあります)。

*入院:身体に負担がかかるかるため3~4日ほどの入院が必要。その後も1週間ほどは安静にしなくてはなりません。

*費用:約30~60万円(病院によって金額に違いがあります)

*その他:手術後、役所に死産届けを提出することと、胎児の埋葬が必要(埋葬許可書がないと死体遺棄になります)。

 これを読んだだけでも、中絶をするなら「初期中絶」が望ましいことがわかると思います。

前後の連載記事