学生時代の青カンはしょうがない!

――リアルな性体験はどうだったんですか。

Y: 初体験は高校生のとき、16歳だったかな。
彼氏じゃなくて、友達のバンドを観にいったライブハウスでナンパしてきた人。一つ年下で15歳でしたね。

――ひょえー! 高校二年で初体験が年下かあ。もしかして処女と童貞?

Y: いえ、向こうは童貞じゃなかったですね。
最初は「えー、処女なの? どうしようかな」とか言われたけど、結局誘ってきたから彼の実家に行ってヤッちゃった。
処女を早く捨てたいというか、セックスに興味があったんですよね。

――実家でヤッてる人って結構多いんですね。親に見つかったりしないの?

Y: しますよー。その初体験のときは相手の親に「静かにしろ」って言われたし、うちの弟も部屋のドア開けたら彼女とヤッてたことあります。
でも、しょうがないんですよ。高校生って一番ヤリたい盛りなのに、お金なくてなかなかホテルには行けないから。
初体験の後に付き合った高校の先輩が初彼氏だったんですけど、その人とは小学校の校庭とか公園でしてた(笑)。

――小学校の校庭? 子どもに見られちゃうじゃん!

Y: ドラえもんに出てくるような公園の土管の中でこっそりしてたから大丈夫(笑)。
でも、その初彼とは4カ月くらいで別れちゃったんで、高校時代はあんまり浮いた話はなかったかな。
セックスをたくさんするようになったのは、大学に入ってから。

――いわゆるヤリマン期に突入したと。

Y: そうですね。とにかくステディな彼氏が欲しくてしょうがなかったので、いいなと思った人や声をかけてくれた相手とは、とりあえず何度かデートしてヤッちゃってました。
でも、なかなか付き合うところまでいかないんですよね。あとはクラブでナンパされて……とか。

――クラブでナンパ! ヤリマンぽい!

Y: ヤリマンぽいでしょ?(笑)

前後の連載記事