小陰唇の手術後に感度がよくなって…/癒し系美女(29歳)の性事情(4)

初恋の相手との5年間のセフレ関係

遠藤遊佐 オナニー 1人エッチ オーガズム 潮吹き 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス


 最近、どんどんヤリマン女子の登場頻度が増えているこのインタビュー。
連載を始めた当初は「キラキラした普通の女の子の性事情が聞きたい!」と思っていたはずなのに、気づけばアダルト業界にいる女性も真っ青のすごいエピソードが続々と……。

 いやあ、毎回毎回本当に勉強させてもらってます! 押忍!!

 さて、今回エロトークに参加してくれたOさん(29歳)も、癒し系OLっぽい第一印象からはとても想像できない「自称ヤリマン女子」
元・原宿系女子だったという過去や経験人数の多さにも驚きましたが、やっぱり話の中心になったのは5年間もセフレ関係にあったという初恋相手のことでした。
第一回目第二回目第三回目も合わせてどうぞ)

********************************************
O: 美大の予備校に通ってたときの男友達にずっと片思いしてて、それが初恋。実は初キス、初エッチもその人が相手で。
でも、彼とは結局最後まで付き合えなかったんですよね。セフレ状態のまま好きな時期が5年間くらいずっと続いてたから、その経験が今の私の恋愛スタイルとかセックス観にすごい影響してます。
********************************************

 女子校育ちで彼と出会うまではオクテだったOさん。
実はオナニーも、その人に「して見せて」って言われてやったのが最初だったと言うんだから、筋金入りです。

 でもだからこそ、初めて見た動物を母親と思ってつきまとうひな鳥みたいに、付き合ってもくれないチャラ男に身も心も持っていかれてしまったんでしょう。
そして、そんな彼との不毛な日々から抜け出そうとしたことが彼女のヤリマン魂を開花させたんだから、人生って予測がつきません。

「関係を拒否するようになったら、それまで冷たかった彼から頻繁に連絡が来るようになったんですよ。あまりにセオリー通りで一気に気持ちが冷めました」というOさん。
恋をしてると「みんな彼をわかってない!」とか「私だけは違うわ!」なんて思ってしまいがちですが、後で冷静になってみると、世間一般で言われてることってだいたい正しいんですよね。かくいう私も思い当たる部分があります。

 これは恋愛に限らず、何に対しても言えること。仕事でも人間関係でも「自分だけは特別」なんて思わなければ、失敗せずにすむんですよ。
でも、夢中になってると「外部の言うことなんてクソくらえ!」って思っちゃうんですよね……。あーあ。