彼に騎乗位が痛いといわれる…でもガンガン刺激を得たいときの方法

彼に騎乗位が痛いといわれる…でもガンガン刺激を得たいときの方法

by StockSnap

今週も読者の方からの質問にお答えします!

騎乗位ではGスポットに擦れるのが気持ちいいので前後に腰を振っているのですが、途中で相手に痛くないかどうか聞くと、痛いと言われることがあります。
自分が気持ちよくなるように動くとまた痛めてしまうのではないかと思うとなかなか上手に動けず、心配して気持ちよくなれません。できれば騎乗位も楽しみたいです。どうやって動けばいいでしょうか。

騎乗位で気持ちよくなってくるとついつい夢中になってしまい、気付いたら一人で大騒ぎしてしまっていることありますよね。でもあまり相手のことを気にしすぎると気持ちよくなれないしどうしよう…と思いながらも私は自分の快楽を取ってしまうこともあり、後で反省しています。

騎乗位で男性が痛くなる時

質問の内容を読んで、騎乗位で男性が痛がるってどういうこと?と思った人もいるかもしれませんが、騎乗位は痛くなることもあるからあまり選ばないという男性もいるんです。友人たちによると、
「根本まで挿入して女性が腰を前後に振ると、ちんこを根こそぎ持っていかれるような痛みがある」
「激しい上下運動で抜き差しされている途中で、膣からちんこが抜けてしまったところに上下運動のはずみで女性が乗ってしまい、ちんこが折れそうになって以来騎乗位が怖い」
だそうです。ちんこを持っていない者にはわからない痛みがあるんですね。

私自身も、騎乗位中に乳首を舐めてと言われて、背中を限界まで丸めた無理な体勢で騎乗位を続けた時に「ごめん…ちんこが曲がりすぎて痛い」と言われたことがあります。

女性はセックスで痛みを感じてもそれを相手に言えない人が多いといいますが、男性もフェラで少々歯が当たるとか手コキでの握り方が強すぎるとか、騎乗位が激しくて痛いとかいうことは言いにくい人もいます。
お互いが痛みも気持ちいいこともナチュラルに言い合えるようになるまでは、質問者の方のように時々確認するといいですね。