「これをしたら男性にどう思われますか?」セックスは自分のことも大切に

セックスの質問が殺到しました

数年前からセックスやオナニーに関する質問を、SNS経由で受け付けています。これまでに受けた質問は2,000件以上。最近は大体2,3日に1件のペースで届いています。質問の内容は、自分がイクためのコツを知りたいとか、パートナーとのセックスでの合わない点だとか、異性の性機能の謎とか、かなり多岐にわたっていて私にとっても勉強になります。今年はどこかで誰かに宣伝されたのか晒されたのかわかりませんが、一時的に質問が大量に届いたんですよね。質問に答えても答えても常に10個以上質問が溜まっている状態で、これまでのペースとあまりに違うので驚きました。質問内容も、セックスの基本的な知識あれば分かるような内容がほとんどだったので、その時に質問を送ってきてくれたのは、かなり若い方(体感では高校生~大学生ぐらい)が多かったんだと思います。

「男性にどう思われますか?」

質問が殺到している時に特に多く寄せられたのが「〇〇すると男性にどう思われますか?」という内容のもの。こんな下着を着けたらどう思われるか、こんなことを自分からしたらどう思われるか、セックス前にコンビニでこんなものを買ったらどう思われるか。何をするにしても、男性にどう思われるかが本当に気になってしまうようです。

私は普段からこの連載で「セックスに関することは全て個人差。気になることはとにかく本人に聞こう!」「自分がやりたいことをやろう。やりたくないことはやらなくてよし!」と言い続けているので「男性にどう思われるか」系の質問が連続で届くと、多くの女性は自分のためじゃなくて相手のためにセックスしているのでは?とハラハラしてしまいます。

過剰に心配するお年頃

しかし、よくよく思い返してみれば、私自身も相手からどう思われるのかを人一倍気にするタイプでした。顔や体にコンプレックスがあって、こんな私の裸を見ても男子は勃起できるのだろうかと思ったのがはじまり。お小遣いもなく親からダッサダサのブラを買い与えられていたので「こんなおばさんブラを見られたら彼氏ができてもフラれるのでは…」と心配していたし、オナニーが超早漏で「初体験なのに30秒以内でイクのは淫乱だと思われちゃう!」とイキ我慢をしていたこともありました。きっと、どう思われるのかを過剰に心配するお年頃だったんだと思います。やっぱりセックスする相手から嫌われたくないですもんね。

年齢を重ねて、恋愛経験やセックスの経験だけでなく人としての経験が増えていくことで、相手だけではなく自分がどうしたいのかということも大事にしていける人が増えていきますが、少しでも早くそうなって欲しいなと思うんです。自分がどうしたいかを尊重できないと、自分を守ることを後回しにしてしまうからです。

あれこれ長々と説明しても伝わりにくいので単刀直入に言うと、次のような状況になった時に(残念ながらよくある)、相手からどう思われるかなんて気にしてたら自分の心も体も守れないじゃん!ってことです。

前後の連載記事