セックス中に相手から言われて耳を疑った言葉ベスト3を紹介します

以前、アダルトビデオの撮影現場にエキストラでお邪魔したときのことでした。その現場には女優さんに、よりエロい淫語を言ってもらうための“淫語指導”の女性が入っていて、世の中にはいろんな仕事があると感心したのでした。

興奮を盛り上げるためにも、してほしいこと・したいこと・してほしくないこと・したくないことを相手に伝えるためにも、セックス中になにか言葉を発することは大切だと思います。しかし言葉というものは諸刃の刃といいますか、下手をすると自分の意が伝わらないどころか、相手の興奮をそいだり、嫌な思いをさせたり、傷つけてしまうこともある。

わたし自身、失言が多い方だと自覚しているので、おそらくはセックス中にもうっかり発言をして、相手の気分を削いでいることも多々あるのではと疑っていますが、それは一旦棚に上げ、やはりセックス中に相手から言われた「ん?」というセリフは忘れられない……。というわけで、今回はベスト3形式でご紹介したいと思います。

「巨乳の子って、こうするとおっぱいが揺れるよね」

正常位でイタしていたときのことです。腕を脇に揃えた「気をつけ」の体勢にしたわたしの二の腕を掴んで出し入れしつつ、相手の男性が放った一言がコレ。「うん、巨乳の子は揺れるんだ、揺れなくて申し訳ないけど、いま、それ言う必要あるのかな?」と心の中で突っ込みつつ、聞こえなかったふりをしてスルーしたんですけど、どうやら巨乳の女性は、気をつけ正常位の最中にめっちゃ胸が揺れるらしいですよ! 勉強になるなぁ!

「おねえさんって呼ぶから、おねえさんっぽく責めて」

ドエロいおねえさんにドエロく責められたい。その気持ちはよくよくわかります。わたしだって、エロいおねえさんに責められるドエロいレズセックスがしたい。でも年上の男性とか年下の男性とか年下の女の子とセックスをするときには、相手を「おねえさん」とは呼ぼうなんて考えないじゃないですか。例外として、年上の女装癖のある男性の場合のことを「おねえさん」と呼ぶことはありそうだけど……という特殊ケースはさておいて、わたしだって「おねえさんって呼んでいい?」と言ってきたのが年下の人であれば「いいわよ~ん」とおねえさんぶった態度で返します。

けれども、これを言ってきたのは10歳ほども年上の男性だった。「おねえさん……あなたのおねえさんっていうと……50代を演じれば……?」と返すわたしも相当に意地悪だとは思いますが、そこで戻ってきたのは「違う! 20代後半から30歳くらいの、おねえさんに決まってるだろ!」って、それはどういうマルチバース?

前後の連載記事