コロナで離婚を考える人とは

改めて「コロナ離婚」について、ネットで調べてみたところ、本当に離婚した夫婦は意外と少ないようだ。

ただ、離婚というのは結婚の3倍大変と言われている。
結婚は二人三脚で同じゴールを目指すのが結婚なら、離婚は障害物競争であり「障害」とはもちろん「お互い」である。
足を引っ張り、時には亀の甲羅をぶつけて、いかに相手を出し抜いてゴールするかを競う競技である。
足の引っ張り合いで、体力だけ消費して、なかなかゴールできないということも起こる。

そんな大変なことを、コロナで大変な時にわざわざやるか、という話であり、本当のコロナ離婚が増えるのはコロナが終息してからのような気がする。
実際「コロナで離婚を考えた」という人は結構いるようだ。

ちなみに、コロナで離婚を考えるのは、家にずっと夫や子どもがいることにより、やることが増え、ストレスが増加した、妻側が多かったようだが、最近夫側の離婚相談も増えているらしく、それも「マジメな夫」が離婚を考えるケースが増えているという記事を見つけた。

読んでみると「長らくセックスレスだったが、コロナで家にいることが増えたのを機に、一戦申し込んだら断られ続けたため、このままセックスしないで死ぬのは嫌だから離婚したい」「コロナで家族と過ごす時間が増えたことにより、急に家族が重くなってきたので、自分で稼いだ金を自由に使いたいから離婚したい」というマジメな夫の声がクソマジメに掲載されていた。

「マジメ」とは一体何なのか。
どうやらこの記事では浮気をしないだけで男は「マジメ」らしい。

その定義でいくと私も「マジメな妻」と名乗っていいことになる。

つまり、コロナの影響で、経済的に問題が出たりやることが増えたりと、不安や苛立ちによるストレスで不和に至るケースも多いが、「外に出て働く」という逃げ道でなんとかやってきた結婚や家庭に向いていない人間が、コロナで家族や家庭と長時間向き合うことになってしまい「俺家庭に向いてねえ」と改めて実感してしまったケースも多いのではないだろうか。

自由にセックスしたい、自分の金は自分のためにだけ使いたいというのは、家庭を持つ人間としては、クソマジメのマジメ抜きでしかないが、単身者ならそこまで問題ではない。

このように、結婚に向いていない人間が結婚する、というのは、本人も相手も不幸でしかない。
そういう相手と結婚してしまったら苦労するし、離婚しようにも大変なので、結婚への二人三脚の時点で「何もないところで三回ぐらいコケた」となったら、その結婚自体見直してもいいかもしれない。

Text/カレー沢薫

カレーなる夫婦生活が書籍化!

夫婦コラムのはずの本連載が、土方歳三への愛を綴った廃人日記として書籍化されました。

愛に生き愛に死ぬカレー沢さんのガチャ爆死録は必見です!

前後の連載記事