自由にやろう!社会人デビューでモテる「おもしれー女」になる方法ランキング

新社会人になった皆さん、こんにちは。

社会人なったら一度は「おもしれー女」と言われたいですよね。しかし、「おもしれー女」でも実際にモテなければ、ただのビックリ人間で終わってしまうかも……。

ということで、「おもしれー女」でいながらモテる方法をランキングでご紹介します。学生時代は自分を解放できなかった人も、社会人になればフィールドが変わって好き放題できますよ。

10位:研修を全ブッチする

退屈なことでおなじみな初期の研修、全部行かないでみましょう。最悪クビかも!? という状況は確実に「おもしれー」ですし、これで仕事が人並み以上にできたらモテる可能性も捨てきれません。

9位:サングラスをかける

サングラスは簡単にかなりインパクトが残せるアイテムです。ただ勤務中にかけていると確実に注意されるので、会社の行き来だけ必ずかけるのはどうでしょう。「お疲れさまでしたー!」のあとにおもむろにサングラスを毎日かける。意味なくても意味深になっていいと思います。

8位:ふりかけを持参する

社会人デビューの洗礼はお弁当タイムにやってきます。でも、「ゆかり®三姉妹」があれば大丈夫。「ゆかりですね」(他、かおりなど)とすぐに呼び捨て&認知してもらえます。アイコンも「ふりかけ4姉妹メーカー」で徹底を。

7位:デスクに家族の写真を飾る

アメリカのドラマによく出てくるやつです。本物の家族でもいいですし、フリー画像だとそれはそれでただ単にデスクにフリー画像を飾ってる人間になれて楽しいです。

6位:ギターケースを背負って出社する

ギターは弾かなくてもいいです。なんなら中は空でもいいので、ギターケースを背負って会社に行きましょう。「会社での姿は仮の姿で、あの子には夢があるんだ」と勝手に物語を感じてもらえます。

前後の連載記事